17/06/2017 16:19 GMT+7 Email Print Like 0

フイン・カイン・リシェフ

フランスで生まれたが、子供の時から、お母さんが作ったベトナムの料理が好きであるベトナム系フランス人のフイン・カイン・リ女性はフランスとベトナムの料理を結合した料理でフランスの2015年Master Chefの勝利者になった。
 
法律学部を卒業し、4年間で高級な時計を販売したが、フイン・カイン・リシェフは料理を作ることに無中し、フランスの2015年Master Chefコンテストの勝利者になった。

フイン・カイン・リシェフは「コンテストの最初は母がよく作ったベトナム風のカイン・カ(魚スープ)を紹介しました。私は自分が勝つと思いませんでしたがコンテストの後の部分に入ると、決心した。勝利者になった時、ベトナムに関心を持ち、ベトナムの人々がベトナム系フランス人の私を知っていることがわかりました。コンテストの他の参加者と違い、ベトナム系フランス人であることハ私の勝利に貢献した。

リシェフは料理に関するプログラムで紹介される料理と友達に紹介する料理はベトナムの料理を結合する料理である。リシェフもベトナム風の料理の味、原料を紹介する時、その特徴と超味方を説明する。 


フランスで生まれたが、子供の時から、お母さんが作ったベトナムの料理が好きである
ベトナム系フランス人のフイン・カイン・リさん 



国家大学の学生たちにフランス風のパンの作り方を紹介するリさん 


ベトナム系フランス人のフイン・カイン・リシェフの料理に人気する人々 

国家大学の学生たちの料理を作るコンテストで勝った学生に賞を授与するリシェフ


ベトナムのレストラン、ホテルのフランス人のシェフと交流するリシェフ 

3月21日、在ベトナムフランス大使館で開催されるパーティーで、リシェフが紹介した料理 

リシェフが作ったデザート 


ハノイの旧市街の道を歩くリシェフ 

ベトナムのバインクオンを賞味するリシェフ 


リシェフが作ったバインクオン

バインクオンに関心するリシェフ 


在ベトナムフランス大使館のキッチンで料理を作るリシェフ 

リシェフは「シンガポールで料理を作ることを頼んだ時、ベトナムの野菜などを原料として、料理を作りました。シンガポール人にとって、亜東の人々のように毎日食べる料理で肉、魚が必要であるが、ベトナム人にとって多くの野菜が不足なものです。しかし、ベトナムの野菜で作られる料理を紹介しました。パーティーに参加した人々はその料理について満足ノイを表明しました。」と述べた。

ベトナムの料理に関心を持つため、リシェフはベトナムの中部の地方を訪問し、フエ、クアン・ナム省などの料理を賞味した。ほとんどの外国人はベトナムの料理が好きであるため、ベトナムへ観光する観光客を集中するために、ベトナムの料理を投資し、通信などでベトナムの料理を紹介することを促進しなければならない。
2014年、はじめてベトナムを訪問したリシェフはフランスへ飲食学部を留学したい学生たちに自分の経験を分かち合った。特に、リシェフもハノイで在ベトナムフランス大使館に行われたフランスの料理を紹介するプログラムの主なクックであった。
在ベトナムフランス大使館のBertrand Lortholary大使は「リシェフは優秀なシェフだけでなく、仏―越の友好関係の大使でもある。」と述べた。


 

フランスの2015年Master Chefの勝利者になったおかげで、フランスのリヨン近郊にあるレストラン「ポール・ボキューズ」においてレストランを設立し、管理するクラスに参加した。2016年、リシェフも料理の作り方についての「私はシェフです」という本を出版した。

 
文:ガン・ハ
撮影:コン・ダット 
他の記事