29/01/2016 09:01 GMT+7 Email Print Like 0

ブルームバーグ ベトナムのやるべきことを報道

27日、経済・金融情報の配信を手がけるアメリカのブルームバーグは、第12回ベトナム共産党全国代表大会について報道し、ベトナム共産党の新指導部は、恵まれている有利な条件とメリットを活用する国を発展させるという目標を共通しているとしています。

ベトナムは人口9千万人以上を擁し、その中の6割は35歳以下で、有望な市場であり、外国企業の魅力的な投資先となっています。こうした優勢を活用するためには、税制度の簡素化、教育への投資、汚職防止対策などを進めるのが重要であるとしています。また、ブルームバーグは、2016年はドイモイ刷新事業を始めてからちょうど30年という節目であるが、今後30年、ベトナムは安い労働力と加工製品の輸出への依存を減らしながら、イノベーションによる経済発展を図る必要があるとの見解を出しました。
ソース:VOV
他の記事