18/08/2017 15:12 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)

19世紀の80年代末に建設されたハノイ大教会 (セント ジョセフ教会)は3世紀を渡り、ハノイの数多くの変化で、まだ存在する。現在、ハノイ大教会はハノイカトリック協会の活動中心であり、ハノイを訪問する観光客の目的地である。
ハノイの有名な7つの教会の中に、ハノイ大教会はハノイの最も古典的な工程の一つであり、貴族性、特別なことを有し、ハノイ建築の特徴がある。
戦争の後に、バオ・ティエン(Bao Thien)塔は破壊された。フランスはハノイに侵略するとき、ハノイ大教会は1884年に、建設され、1887年のクリスマスに落成された。
ハノイ大教会は以前に、セント・ジョセフ教会であった。それで、そのハノイの最大の教会はハノイ教区の大聖堂である。


ニャー・チュン(Nha Chung)通りにあるハノイ大教会


十字架の模様がある生け垣


ハノイ大教会の花園における聖母の像


石の十字架はハノイ大教会の建築の重点である。


ハノイ大教会の中


ハノイ大教会の模様。


ハノイ大教会のキャンパスを訪問する観光客たち。 


ハノイ大教会はハノイの特別な建築工程であり、数多くの観光客の注意を引く場所である。

ハノイ大教会はハノイを訪問する数多くの観光客に魅力がある。ハノイ大教会はゴシック建築に従って、数多くのドームで、建設された。
ハノイ大教会は64,5mの長さがあり、20,5mの広さがあり、31,5mの高さがある2つの鐘楼がある。教会の頂には石の十字架がある。
ハノイ大教会の中に入るとき、観光客は豪勢な教会の建築を見るチャンスがある。ハノイ大教会は毎日、2つのミサを行う。日曜日に、ハノイ教会は7つのミサを行う。

 

ハノイ大教会の聖堂の特別な建築。


聖母の祭壇


アネー・レー・ティー・タイン(Ane Le Thi Thanh)女性聖人の像


聖堂の空間。


ハノイ大教会は教会式に出席する。


ハノイ大教会と近いである数多くのレモンのお茶の店がある。ハノイの青年たちはレモンのお茶を飲むために、ハノイ大教会の地域へ常に来る。この地域に到着するとき、ハノイ青年たち、観光客たちはハノイ大教会を見ながら、レモンのお茶を飲むチャンスがある。

文:タオ・ヴィー
写真:チャン・タイン・ザン