30/08/2017 10:28 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイのチェーセン(蓮の種を使った飲み物)

夏のハノイは、様々な花が満開するシーズンである。蓮の花が咲くと、ハノイの人民たちはチェーセン(蓮の飲み物)を飲む。
ハノイのチェーセンはハノイの旧市街の狭い裏通りで売られ、ハノイの子供たちの忘れられない思い出になる。今、様々な種類があるが、チェーセンはベトナムの人々にとって欠かせないものであるという。

乾燥した蓮の種を水に漬ける。その後、鍋に入れて煮る。最後、砂糖、青豆などと混ぜると、チェーセンができる。


毎年8月は、蓮の種の収穫シーズンである。

いろいろな料理や薬を作るために使われる蓮の種

収穫された蓮の種

チェセンを作る原料

チェーセンは、ハノイの人民たちにとって夏に欠かせない飲みものである

健康に良いチェセン
暑い夏、チェーセンで体温を下げることができる。外見は単純であるが、チェーセンは純潔さを表し人気である。

チェーセンを飲むことにより、よく寝られる。

チェーセンは国内外の観光客に紹介するハノイの特産物の一つでもある。
文:ガン・ハー
撮影:タっト・ソン