23/06/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイにおける最初のセルフサービス店

「ママ・ファンボックス」店(リエウジャイ通り-24号)に到着すると、お客は「入店のためのドアを開けるために、ベルを押しください」とメッセジーで歓迎される。
「ママファンボックス」店に着くと、お客は特別なサービスを受ける。商品を買う前に、説明書を読む。それには、商品名と値段が書かれてある。その後、お客は製品を選び、バーコードをチェックし、支払いはスロットを通じて払う。
そのほかに、お客は「ママ・ファンボックス」店に到着するときに、他のお客の評価の感想を読むことができる。

ハノイにおける最初のセルフサービス店の経営者のダオ・クアン・ヒエップ氏


「ママ・ファンボックス」店の広告版。


ドアに貼られた「ママ・ファンボックス」店の説明書き。
日本スタイルに従って、設計されるドゥーイットユアセルフ店の店内
お客が商品を買った後、監視カメラにより確認されドアが開く

食べ物のメニュー


商品を選ぶお客。
料金の払いはコンピューターによって行なわれる

領収書をチェックするお客たち。
ビルとお金をスロットを通じて、払う。


お釣りはお客が次回の来店で使用される。
お客は清潔な空間において、飲食ができる


「ママ・ファンボックス」店はお客により積極的に、評価する。


ヒエップ氏は「ママ・ファンボックス」店において、お金を回収する。
「ママ・ファンボックス」店についてのノット。

「ママ・ファンボックス」店の経営者であるダオ・クアン・ヒエップさんは、日本でソフトの会社で働いた技術者である。彼によると、「ママ・ファンボックス」店を開店することは簡単ではない。彼の家族はセルフサービス店の開店を支持しなかった。しかし、ヒエップ氏は、店を開店することに決定した。
「ママ・ファンボックス」店を開店して1年半後、ヒェップ氏の商売は良くなった。彼は「現在、家族は「ママ・ファンボックス」店のモデルに対して満足しています。私はこのセルフサービス店を引き続き開店することを決めました。」と言った。

文、写真:ヴィエット・クオン(Viet Cuong)