30/11/2016 11:38 GMT+7 Email Print Like 0

ハノイで第12回東南アジア水資源会議

29日、ハノイで、第12回東南アジア水資源会議が開かれました。会議には、世界各国と国際組織の研究者、科学者、管理者、政策制定者などが多数参加しました。


この会議は、水資源の管理・保護・開発に関する情報交換と経験交流の場として世界的に知られています。今回の会議では、水資源の管理と水処理技術が主な議題で、都市部で水が溜まる問題や地下水の汚染問題、排水の処理問題などの解決策について集中的に話し合われました。

ハノイ市内の建設大学のチャン・ティ・ベト・ガ博士によりますと、「近年、東南アジア水資源会議に参加するベトナムの科学者・研究者は増えつつあり、会議で発表した研究テーマも量的にも質的にも改善されている。」と明らかにしました。
ソース:VOV