20/07/2015 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

ハイフォン市の魚のブン(米で作った麺)

ブンはベトナムの伝統的な麺である。ハノイはブンチャー(Cha)があり、フエ市は牛肉のブンがあり、ハイフォン市は魚肉のブンがある。
ハイフォン市の魚のブンは特徴がある。この特徴は原料の選択と、具材を作る方法を通じて表現される。具材は農村の味と海の味覚の結合である。
ハイフォンの魚のブンを作るには、最初、鰆、ハゼ科の魚を選択する。


ハイフォン市の魚のブンは、チャーカー(ハゼのミンチ)、ネギ、トマトなど。
ブン

主な原料はチャーカー(ハゼのミンチ)を含む。

ネギ、トマトの原料。


だし汁は魚の骨を煮込み、独特な味がある。

魚のブンは漁村の味と海の味覚の結合である。

ハゼは水洗いされた後、調味料に漬けられ、炒める。だし汁は魚の骨から取り、独特な味がある。
揚げ天は鰆で料理される。鰆の身は挽かれ調味料と炒められる。チャー・カーはキツネ色に揚げると美味しい。

ハイフォン市の魚のブンはバナナの花、ゾックムン野菜、ムオン(Muong )野菜とともに食べられる。魚のブンはお客に人気がある。
 
文、写真:クアン・ロン(Khanh Long)