24/11/2014 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

ハイテク技術で、花を育てる村

この20年間に、花の栽培に、ハノイのバックトゥーリエム(Bac Tu Liem)郡、タイトゥ((Tay Tuu)花の村はハノイ郊外にある最大の花の栽培地区として知られる。この地区における人民たちは現代的なテクノロジーで、花を植えることで、トァイトゥ花トレードマークを建設してきた。
稲作から花の栽培に

1994年前に、タイトゥ地区はハノイ郊外の農村であった。都市化が行われるとき、ゴックハー花の村、スアンディン花の村では、耕作するための土地が不足した。タイトゥ花村は発展するチャンスであった。
最初に、タイトゥ村の人民たちは18ヘクタールに花を植えた。収穫した後、農民たちは花を植えることが高い経済効果をもたらすことを知った。村は稲を植えることを花を植えることに変えた。

タイトウ(Tay Tuu)花村のユリの花

グエン・ヴァン・スアン(Nguyen Van Xuan)氏のユリ園。
20年後の現在、タイトゥ町は300haの花の栽培面積を持つ(84,6%の町の耕作面積を占める)。花の栽培は、貧しい村をハノイの最大の農園村に変化させた。

現在、町の花は、北部に適した良質の花で種類が多い。町における花を植える1ヘクタールは平均的に1年当り3億ドンの収入を与える。

2008年から、タイトゥ地域の人民たちは消費者の要求にこたえるために、伝統的な花を植えることからユリの花を植えることに変えた。この改革はタイトウ花のトレードマークの宣伝に大きな貢献を果たした。

ハイテクな技術で、花を植える地域
私たちはダンフオン郡、ハーモー町におけるユリの花を植える地域に到着した。私たちはユリを植えた最初の人-グエン・ヴァン・スアン氏を訪問した。

スアン氏は、5haの農園の、現代的な散水システム、自動温度調節システムを紹介した。彼の家族のユリは注文が多く、常に予約でいっぱいである。

収穫した後のユリの球根


植えられたユリ

グエン・ヴァン・スアン氏はユリの球根を紹介する。

タイトゥ村のユリは丁寧に植えられるので、非常に美しい。

グエン・ヴァン・スアン氏は、数十人の労働者に雇用を創出する。

グエン・ヴァン・スアン氏のユリを買う多くの業者 

タイトゥ村において、オランダ人の専門家はリスを植える方法について、意見交換をする。

«
     毎年、タイトゥ花の村は北部の市場のために、2億5千万本の花を供給する。タイトゥ町の95%の家族は、花の栽培を営んでいるタイトゥ町 の人民たちはユリを植えることに5000億ドン~6000億ドンの投資をしてきた。               »
スアン氏によると、2000年にタイトゥ村は最初のユリを植えた。長年の、伝統的な種類の花を植える経験で、スアン氏はリスを植える面積を拡大させた。それで、トァイ・トゥウ村において、スアン氏は「ユリの億万長者」として呼ばれる。.

スアン氏の成功後に、タイトゥ村の多くの人たちはユリの栽培を習い、始めてユリ植えた。2008年まで、幾つかの家族はユリを植えた。2012年、2013年まで、村の60%の家族はユリを植えた。ユリを植える面積は2013年に、200haに達した。それにより、多くのユリ億万長者が生まれた。
村の人民の最初の成功で、私たちは将来、タイトゥ村は北部の花市場に様々な花を供給するハイテクな花を植える地域になった。
これからも、ハノイの最大の花を植える地域はハイテク技術で、植えられる数多くの種類の花を市場に供給することを信じる。
文:タオ・ヴィー
写真:
ヴァン・クイエン