20/10/2014 12:50 GMT+7 Email Print Like 0

バンドン神話

バンドンはベトナムのダックラック省ブオンマトゥット市の中心から西側へ36km離れたブオンドン県エアフアー集落にあり、森の象を飼育し、Khun Yu Nốp氏や Ama Kông氏などの象を猟る王が生まれた所である。

この島は、Sêrêpôk川の中にあり、山に囲まれ、その美を有するため、バンドンには特別な文化がある。

この特別な土地に、Khun Yu Nốp氏とAma Kông氏のような森で象猟をし、家で飼育する「王」が生まれた。私たちチA村の家を訪問、ガイドからドン村の象猟をし、家で飼育する「王」について聞いた。 

ドン村を通るSêrêpôk川

Sêrêpôk川の周辺の景色
Sêrêpôk川に架かる橋
ドン村の象

その家は130年前の貴重で丈夫な木で建てられた。特に、その屋根の模様は手で彫刻された。家の中には、象の猟り、家で飼育する「王」であるKhun Yu Nốp氏とAma Kông氏についての人生と象猟をする道具が保存してある。

ドン村を訪問すると、誰でも象に乗りたいと思う。体重が3トンもある象はいつも観光客を待っている。観光客は象に乗り村の周りを探索する。象に乗った観光客は緊張しているようだった。

その後、Sêrêpôk川のそばにある300年経ったの木製の橋を渡った。その橋は長さが1kmあり、竹、籐で作られた。橋から1haの土地を木で覆った森が見えた。ある日、1千人もその橋を訪れた。 

観光客は象にのり、村の周りを探索した。

ドン村で象猟りをし、家で飼育する「王」である
Ama Kông氏についての人生と山像の猟をする道具を紹介する家を訪問した。


観光客は象に乗り、ドン村の森を見学した。

観光客は象に乗りながら
ドン村の森の中を歩いた。

Sêrêpôk川のそばにある古木
3月で、ドン村を訪問すると、観光客は競像が観賞できる
タイグエンの民族の特別な祭りに参加できる。

ドン村のタイグエン民族の伝統的遊び
 
ドン村を訪問すると、観光客は森の中の木々の香を嗅ぎ、風の音を聞き、おいしい空気を思いっきり吸うことができる。
文:タット・ソン‐チン・ヴァン・ボ