14/05/2015 12:31 GMT+7 Email Print Like 0

バッチャン(Bat Trang)伝統的な陶器職業村の陶器の像

バッチャン村ハノイ、(ザーラム郡)は昔の古都タンロンの千年の伝統的な職業村として知られる。現在、皿、茶碗、急須や茶器などの伝統的な陶品のほかに、グエン・トゥイ・ズオン職人は陶器原料で、仏像を作り出した。
私たちは職人の陶器仕事場を訪問した。仕事場はベトナムで最初の仏像を生産するの陶器の仕事場である。
同陶器仕事場は500㎡あり、多くの工芸家は像を作り出す。高さ約2メートルある羅漢像を紹介するとき、ズオン職人は「外国の手工芸品、陶器の製品を見るとき、私はバッチャン陶器トレードマークを紹介するために、羅漢像、仏像などのベトナム特色がある製品を生産することと考えました。


陶器の像を作っているグエン・トゥイ・ズオン職人


観音像を作っているグエン・トゥイ・ズオン職人


陶器の像を作っているグエン・トゥイ・ズオン職人


陶器の像を作っているグエン・トゥイ・ズオン職人


仕事場で、像を作っているグエン・ヴァン・ロン工員。


獅子の像の仕上げをしているグエン・トゥイ・ズオン職人


それぞれの像の美しさは陶器職人の創造性に関連する。


グエン・トゥイ・ズオン職人と自分の作品。

仏像を生産する考えは、ズオン職人は羅漢、仏についての材料を研究し、それぞれの羅漢の姿、顔を数多くの神殿、寺に行き、詳しく観察した。その後、彼は技術を習得するために、木造の羅漢像を生産する仕事場を訪問した。
ズオン職人によると、羅漢の像を作る過程は非常に複雑である。それぞれの像の姿、顔の表情を作り出すほかに、職人は1300度で、像を焼く前に、細かくチェックすることが必要である。像の土の原料は適当な硬さであることも必要である。
羅漢像を2009年から生産を始め、多くの失敗に直面した後、ズオン氏の最初の羅漢の像コレクションは2010年に完成された。このコレクションはタンロン‐ハノイ1千年記念に際して、手工芸品展覧会に出品され、見る人に、深い感銘を与えた。
高さが1mから1,7mまでのズオン職人の18体の羅漢像コレクションはバッチャン地域におけるティエウザオ寺のために、贈られた。ズオン職人は「私は祖先に、子孫が伝統的な職業を開発していることについて恩恵の念を表わし、18体の羅漢像を寺のために、贈りました。

グエン・トゥイ・ズオン職人の羅漢像の作品: 
 

仏像、羅漢像を作り出すことから、今まで、ズオン職人の陶器仕事場は毎年、70億ドン~80億ドンの収入があり、1ヶ月当り1千万ドン~3千万ドンの所得がある数十人の労働者のために、雇用を創出した。
文:クイン・アン
写真:チン・ボー