09/12/2016 15:17 GMT+7 Email Print Like 0

バヴィの鶏、ベトナム家禽のブランドへ

この数年間、広い土地があるハノイのバヴィー県の人々は鶏を飼育するモデルを開発し、人々の生活を改善させた。
バヴィ鶏飼育消費協会のチャン・ディン・タイン会長は、鶏は自然に飼育され、自由にミミズや昆虫を食べる。それにより、肉が締まり、脂身の少ない鶏肉が取れる。

毎年、農民はハノイ飼育センターで鶏の飼育方法について習う。

バヴィ県の鶏の販売をする施設の一つ

生まれたばかりの鶏の雛


鶏を飼育することで、バヴィの農民の生活が改善される。


雛を選択することは重要である。


生まれてから1ヶ月の雛

今、バヴィ県は、飼育分野の発展、特に鶏の飼育の先端の町であり、2015年には鶏の数が320万匹になった。現在、カムリン、トゥイアン、バチャイ、カムトゥオンの区域で飼育される鶏は多くの人々に人気がある。

農民たちに鶏の飼育方法を指導し、飼料などを供給し、飼育する動物を選択するために、2014年、バヴィ鶏飼育-消費協会が設立された。現在、同協会のメンバーは60人である。そのメンバーは農民たちであり、直接に飼育する。


ひな鳥にワクチンを注射する

バヴィ県の土地で飼育される鶏


鶏にエサを与える設備


バヴィ鶏の肉は多くの人々に人気にされた。

将来、バヴィ鶏飼育消費協会は、農民たちに販売や商品の宣伝をする機関の設立の重要性が理解できるように伝える。そのことを通じて、バヴィ鶏のブランドを設立し、その質を向上させる。

文:ガン・ハ
撮影:タット・ソン