16/03/2017 11:01 GMT+7 Email Print Like 0

ニュージランドのウサギ

ハノイのソンタイのコードン町に面積20haの農園を作り経営するフン・ヴァン・トアン社長は北部でニュージランドのウサギを飼育し、経営に成功した。今では毎年、数十億ドンの利益を上げている。
2014年、資金と設備を準備した後、トアン社長は資金の100億ドンでハノイのソンタイのコードン町にニュージランドのウサギを飼育する会社を設立した。

今、会社では、成長したウサギ、売られるウサギ、繫殖用のウサギの3つの区分に分けられている。他は、ウサギの糞尿は現代的なシステムにより水で処理され、バイオガスのシステムに流れる。



ハノイのソンタイのコードン町の20haの農園で1万羽のウサギが飼育されている。


生後1ヶ月のウサギは慎重に飼育される。

生まれたばかりのニュージランドのウサギ


ウサギ向けの飼料


生まれたばかりのウサギは、別に移され飼育される。


餌をやる

繫殖用のウサギを飼育する部分


ウサギを飼育する舎は慎重に作られる

ニュージランドのウサギはベトナムのウサギより元気である。


成長したウサギ

ニュージランドのウサギはヨーロッパでよく飼育され、強くて、多くの子供を生むため人気がある。アメリカでは食用肉やスープに利用され、ウサギのフンは木の肥料に使われ、皮も工芸用に使われる。

現代的な技術によりウサギの数は2014年の1700羽から2016年には1万羽に達した。


ここで、現代的な技術が使用されている。ウサギは6ヶ月に一回ワクチンを注射される。成長したウサギ、繁殖用のウサギなどそれぞれの区分に分けられて飼育されている。ウサギには合成飼料は絶対に与えない。


トアン社会のウサギは全国の地方で販売され、外国にも輸出される。


文:トゥック・ヒエン
撮影:タット・ソン