23/06/2014 10:58 GMT+7 Email Print Like 0

ナイキ社とインテル社、越で投資生産を拡大する

先頃、在アメリカベトナム大使館のグエン・コック・クオン大使はオレゴン州を訪問した際に、アメリカのナイキ社、及び、半導体メーカーのインテル社の指導者らと会合を行いました。

席上、両社の代表はベトナムにおける生産活動が順調に進んでおり、ベトナムの政府と各地方の支援を受けていると強調すると同時に、近日中にベトナムにおける投資生産を拡大する方針があると明らかにしました。

ナイキ社の代表は「TPP環太平洋経済連携協定はベトナムに対する同社の投資の強化に大きなチャンスを作り出す。」との希望を表明しました。現在、ホーチミン市におけるナイキ社の靴底生産工場は同社の2つの海外拠点の一つとなっています。ナイキ社によりますと、今年のワールドカップに使用されいている同社の全てのサッカーシューズはベトナムで生産されたものです。
ソース:VOV
他の記事