28/10/2014 09:53 GMT+7 Email Print Like 0

ドンヴァンのモン民族の麻織物

ベトナムのハザン省ドンヴァン石高原に住んでいるモン民族は、麻織物を織りと鍛造で西北の地方に住んでいる人々の前で誇った。モン民族の女性たちが麻織物を織り、男性たちは鍛造をすることは高原地方で特別な文化を作り出した。
ベトナムのドンヴァン県タルン集落のタオ・ミー・ザン氏は昔、モン民族は新しい土地を探し、そこに新たな家を作る習慣があるため、モン民族の女性は、その土地で玉蜀黍と麻を栽培し、男性は鎌や鍬などを作るため、炉を作った。モン民族は玉蜀黍から食べ物を作り、麻で服を縫う。 

麻を織る段階の一つ
麻織物を織る

麻織物を織る前、ちらちらした麻織物が切られる。

モン民族は麻織物を織る道具を手で作る
モン民族の女性たちは手作りの道具で麻織物を織る
モン民族の女性たちは麻織物を織ることが上手である。

麻織物を織ったばかりの布に500Cで沸かした蜜蝋で描く
織ったばかりの麻布に手で描く
伝統的な麻織物を織る職業
麻織物で作られたモン民族の女性の服

ベトナムのスンチャイ集落のスン・ティ・マイ氏は麻織物を織ることについて「私は80歳になりましたが、多くのことは、もう忘れましたが、麻織物を織ることは忘れられません。ここでは、モン民族の女性だったら、誰でも麻織物の素敵な服が作られます。」と述べた。

麻織物を織ることで、最も重要な段階は麻織物を織ったばかりの布に蜜蝋で描くことである。白か赤の布に模様を入れた麻織物の布のそれぞれの部分が組み合わせられる。
 

市場への道で麻織物を運ぶモン民族の2人の女性たち。

ハザン省で観光客は麻の布が簡単に買える。

ベトナムのハザン省のモン民族が織った麻の布
麻の布を探している外国人の観光客
 
ベトナムのクアンバ県のルンタム村におけるドンヴァン高原のモン民族の人々の麻織物を織ることは多くの観光客の関心を集めている。モン民族の人々も麻織物を織ることをフエやハノイで開催されたベトナム民族文化祭りで紹介した。
 
文:トン・ティエン
撮影:タット・ソン