08/10/2014 10:15 GMT+7 Email Print Like 0

デモ続く香港学生と政府が公開対話で合意

香港で、民主的な行政長官選挙を求めて大規模デモを続ける学生側と政府側が対話に向けた2回目の予備交渉を行い、対話の枠組みで合意しました。

民主派団体などによりますと、デモを主導する学生団体と政府高官は5日に続いて6日夜も、対話に向けた条件について話し合いました。その結果、対話を対 等の立場で公開して行うことや、その成果を必ず実行することで合意しました。しかし、具体的な議題はまだ決まっておらず、3回目の予備会合を7日夜に開く ということです。

梁振英行政長官は6日、「選挙制度改革について、誠意を持って対話する」と表明しました。対話の結果が出るまで、政府によるデモ隊の強制排除は回避される可能性が高いとみられています。
ソース:VOV
他の記事