24/10/2014 10:10 GMT+7 Email Print Like 0

ディン・コン・トゥオン(Dinh Cong Tuong)陶器の古物の王

20年間で、ディン・コン・トゥオン陶器収集家は8万個の陶器の古物を集めた。彼はベトナム国内で、最多の陶器古物を所有する人になった。
ホーチミン市、第12地区、ヒエップ・タイン地域、第5ストリートに住むディン・コン・トゥオン氏はハノイで、1968年に生まれた。彼の家族は古物に興味を持つ。それで、彼は子供のときから、古物に興味を持ってきた。南部が解放された後、彼と家族はサイゴンに住んだ。
最初に、彼は金を稼ぐためのゴミ集めの少年でした、その後、彼は盆栽を植える仕事をした。金を貯めた後、彼は友達とケーブルを販売する会社を設立した。その後、彼は北部から南部まで、陶器の古物を買うために往来した。 

収集家ディン・コン・トゥオン氏と彼の数千個の古物。

18世紀のビエンホア省の皿

寛大な性格で、ディン・コン・トゥオン氏は優れた有名な古物コレクターになった。日増しに人から貴族の人まで、誰もが彼を慕い、彼の友達になる。それにより、彼は数多くの希少で、価値的な古物を収穫した。トゥオン氏によると、これ縁である。縁がないと、お金があるだけでは、好みの古物を買えない。ときどき、価値のある古物を得るために、彼は幾年の間に、所有者を説得しその古物を得た。

外国へ行くとき、彼は古物を探す。それで彼の陶器の古物コレクションは多様で豊富である。現在、彼の古物は、200坪の家にいっぱいになった。
それで、彼の家は陶器の古物博物館になった。
トゥオン氏の古物はベトナムにおける唯一の古物であり、12世紀から20世紀まで作られた中国、シンガポール、日本、フランス、香港などの国の陶器などの古物である。彼の陶器のコレクションは19世紀に作られた日本の価値のある茶碗、急須、壷を有する。そのほかに、彼は、明時代の数10個の碗、17世紀の清の時代の瓶、18世紀に作られた瓶を所有する。ベトナム陶器の古物について、トゥオン氏はオックエオ陶器、ドンソン陶器、チャム陶器、バッチャン陶器、ビエンホア陶器に属する北部、中部、南部の陶器の古物を得た。その中、彼は阮時代の王の皿を所有する。そのほかに、彼は銅器、銀の器、希少な木材、宝石の古物を所有する。

 
ディン・コン・トゥオン氏のいくつかの陶器の古物:
阮時代の梅と鶴の模様がある皿

18世紀に作られる中国の匙
18世紀に作られた中国の蝋燭立て 

18世紀に作られたバッチャンの陶器。

中国の陶器。

中国の古物の瓶。

ディン・コン・トゥオン氏の陶器の古物。

19世紀に作られた「副」字の形がある茶瓶。

19世紀に作られた鶏をモチーフにした花瓶。

19世紀に作られた日本の壷。 

19世紀に作られた日本の壷。

19世紀、20世紀に作られた梅の花の碗。

20世紀におけるビエンホア陶器の茶瓶、花瓶。  

20世紀に作られたビエンホア陶器の瓶。

ディン・コン・トゥオン氏は「私は陶器に興味を持ちます。暇のとき、私は古物を探します。」と言った。
2011年、ベトナム記録本センターは彼をベトナムで最も多い古物を所有する人として公認した。そのほかに、トゥオン氏は慈善事業で、ベトナムの所々、ラオス、カンボジアへ行った。
文:ドー・ヴァン(Do Van)
写真:
レー・ミン(Le Minh)