16/10/2014 10:24 GMT+7 Email Print Like 0

チャン・コン・チュック博士と「東海におけるベトナムの印」

ベトナムの政府の境界の委員会の会長であるチャン・コン・チュック博士は1982年の海洋法に関する国際連合条約を翻訳したアジアで最初の人である。チュック博士は東海におけるベトナムの主権に関する本を出版した。その中、「東海におけるベトナムの印」、「東海についての100の質問」と「ホアンサ島の要約」などの本がある。
アメリカのCNN放送局の東海における紛争の問題に関するインタビューについて、チュック博士は「中国の理論によれば、1492年、スペインのクリストファー・コロンブスに発見されたから、現在のすべてのアメリカ州がスペインのです。そんなことは無理です。中国の理論は発見時に一方的に九段線を設定し、国際の各国に宣告しました。ベトナムの方はホアンサ諸島とチョンサ諸島に対しての主権の法的な証拠と歴史的な証拠があります。」と述べた。 

1982年の海洋法に関する国際連合条約を翻訳した アジアの最初の人であるチャン・コン・チュック博士。
撮影:タット・ソン

ベトナムの諸島の主権に関するフォーラムにおけるチャン・コン・チュック博士(左から1番目)。
撮影:資料

1858年から1945年までフランス稙民地の政権がベトナムを代わりにホアンサ諸島とチョンサ諸島に対しての主権を実施した資料を集めた時、フランスの外務省の代表者と会見したチャン・コン・チュック博士(左から1番目)。
撮影:資料

ベトナムの政府境界委員会の会長であったチャン・コン・チュック博士は
中国と境界線を決める協定の締結式に出席した。撮影:資料

30年間国家領土境界に関する専門家として、チュック博士は海、島、その内、東海に関する主権の問題を研究する機会があった。そのため、中国が一方的にベトナムの大陸棚と排他的経済水域において石油掘削設備HD981を設置した時から、チュック博士はホアンサ島とチョンサ島のベトナムの主権についての国内外のセミナーに出席した。

特に、近頃、チャン・コン・チュック博士は「東海におけるベトナムの印」を出版した。そのことは東海の事情が緊迫した時、国内外の読者の関心を集めた。

この本について、チュック博士は謙虚な態度で、「その本の内容は新たな問題ではなく、多くの場所でさまざまな形で現れました。私はそのことを研究、編集しただけです。」と述べた。

博士の「東海におけるベトナムの印」の本は400ページがあり、ベトナムの海、諸島、領土についてロジック的に書いたため、読者が総括的にベトナムホアンサ島とチョンサ島と海、ベトナムの大陸棚と排他的経済水域に関する問題がより詳しく理解できる。

読者に最も印象を与える部分は3章である。博士はチョンサ諸島とホアンサ諸島に対してベトナムの主権を設立、実施する過程を具体的に紹介した。

力を尽くして、法的の歴史の証拠に基づいて研究したことで、博士は少なくとも17世紀からホアンサ島の主権を有する最初の国となることを確認した。その主権は国際法律に適合したものである。

国連が1982年の海洋法に関する国際連合条約を批准した時、ベトナムの政府はチュック博士がフランス語からベトナム語に翻訳することを委任した。      撮影:タット・ソン

チュック博士が海、島について研究した本。
撮影:タット・ソン





陸路における越‐中の境界の目印をつけることに同行しているチャン・コン・チュック博士。      
撮影:資料

博士は本がまだ外国語に翻訳されてないが、中国の読者の意見を受けた。同意する人もしない人もいる。しかし、チュック博士は「私にとって、同意しない意見さえ、多くの意見があればあるほどうれしいです。本に関心がもたれている事ですからです。私は同意しない意見に対審したいです。重要なのは私が出した情報がみんなに伝わることです。」と述べた。
「東海におけるベトナムの印」などの力を尽くし、心をこめた研究は外国からの読者がベトナムの境界に関する問題、その中、ホアンサ諸島とチョンサ諸島に対してベトナムの主権についての問題が理解できることに貢献できると言える。

 
«
    チャン・コン・チュック博士はフランス稙民地の政権がベトナムを代わりにホアンサ諸島とチョンサ諸島に対しての主権を主張した資料、その中、1925年から1938年まで東洋がホアンサ諸島において、主権票をつけ、灯台などを建てた資料を集めた最初の人である。
»

文:トン・ティエン
撮影:タット・ソンと資料