10/07/2015 10:32 GMT+7 Email Print Like 0

チャンソン扇子

伝統的な扇子を作ることを発展することでベトナムのハノイのタックタット県チャンソン村の人々に雇用を創出し、安定の生活をもたらす。

チャンソン村というと旧ハタイ省(現ハノイ)ベトナム帽子、古い家を作る村を考える。特に扇子を作る職業は一番多くの人に好まれている。チャンソン村の人々は5歳の子供から80歳の年寄りまで誰でも扇子を作ることができる。

チャンソン村の扇子は数ヶ月 水浸けた竹で作られる。
扇子を作る原料である竹は村の道に並べられる。
チャンソン村の家族は扇子の工程をそれぞれ一つの段階を担当する。
半月の形で作られる扇子
紙を貼る準備


扇子を作る原料の布地

チャンソン村を訪問すると、どこでも扇子を乾燥しているようすが見える。フエン女史とカイ氏の扇子を作る工房を訪問した。1日間、2日間後、数トンの扇子が代理店へ収めれれる。

チャンソン町は扇子を生産する5つの仕事場を有する。ヒュエン女史、クアイ氏の家族は最大の数量で、飾りの扇子と平民の扇子を生産する。ヒュエン女史の家族の仕事場の労働者は数百人に達する。

現在、チャンソン町の扇子は多様で豊富な種類がある。各家族は祭りのとき、芸術分野に使用されるための布の扇、高級な扇を生産する。

私たちはズオン・ティー・ヌン女史の扇子の仕事場を訪問した。ヌン女史の仕事場は注文に従って、踊りの扇子、高級な扇を生産する。ヌン女史によると、彼女の家族はタンロン1千年の大祭に際して、陳列した。毎月、彼女の家族は数万のカラフルな布の扇子を生産した。


チャンソン村の道に、扇子は並べられる。
チャンソン町におけるズオン・ティー・ヌン女史の家族の扇子生産の一部。
カラフルな扇子。
チャンソン町におけるズ扇子職人は毎日、1200つ~1300つの扇子を生産できる。
人気があるチャンソン町における布の
伝統的な扇子

現代的な涼を求めるテクノロジーは発展しているが、チャンソン町における扇子を生産する職業は発展する。このことはベトナムの伝統的な工芸村が長期に存在することを証明している。
文:タオ・ヴィ写真:ヴィエット・クオン