07/02/2017 10:30 GMT+7 Email Print Like 0

タンロン古城での線香を手向ける儀式

5日、ハノイのタンロン古城遺跡で、国の功労者を偲ぶための線香を手向ける儀式が盛大に行われ、チャン・ダイ・クアン国家主席らが参列しました。

これは、ベトナムの建設防衛事業に対する歴代の王様や、功労者の恩に報い、伝統的価値を顕彰するためのものと見られています。

また、タンロン古城で開催中の伝統的お正月テトを迎える活動の目玉となっています。線香を手向ける儀式の前に、台所の神様の供養儀式なども行われました。
ソース:VOV
他の記事