17/09/2015 10:46 GMT+7 Email Print Like 0

タンクイ小島における果樹園

ハウ川にある600haの土地に多くの種類の果物が栽培されている。今、ここは全国の多くの人々が集まる場所となっている。
タンクイ小島はハウ川の中にあり、大部分がヴィンソン省チャオン県にあり、残る部分はチャヴィン県カウケーにある。観光客はフェリーに乗ったときから上陸まで、船上にて新鮮でひんやりとした空気と風を受けながら島に到着する。


タンクイ小島はハウ川の中にあり、大部分がベトナムのヴィンソン省チャオン県にあり、残る部分はチャヴィン県カウケーにある。


川、果樹などは観光客に平穏さを与える。


島を巡る小道は果樹園の木々に囲まれ涼しい


豊作時の農民たちの笑顔


ランブータンを捥ぐ観光客


ランブータンを捥いでいる観光客


果樹園の休憩所。



観光客もここの特産物も賞味できる

 

果物のふるさとというニックネームを持つこの小島は、農民の生活が果物を作ることに専念した成果である少ない土地を開拓した。各農家も同様である。ここで収穫される果物は、マンゴスチン、ランブータン、ドリアン、マンゴー、ジャックフルーツ、パパイヤ、など、、、。小島タンクイはこれから先、人々に知られて行く

近年、たくさん観光客が訪問したい一人の人が観光客のためのサービスを始めるため果樹園の改良している。ここの区域の果樹園は、観光果樹園として形成されている。それ故、近隣や遠くから来るお客の憩いの場になっている

この島に来ると観光客はパーティに誘われるたわわに実った果物で心から観光客たちはの楽しんでください



島の各観光地には葉で葺かれた屋根とハンモッグなどが設置され、それぞれ独特の設計がなされお客が休憩し、島の特別な料理は、海産鍋、鳥鍋、烏賊の炒め物、伊勢海老の料理などである。

.水位が下がると、河原が現れ川の流れのなか心地よい風を感じることができる。お客は帰る前にお持ち帰り用の果物籠を待っている家族に忘れないで持って帰る。
文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン