17/09/2015 10:46 GMT+7 Email Print Like 0

タック・スン優秀芸術者

ベトナムの南部のKhmer民族の人々はタック・スン氏が監督した劇のプログラムと演出に特別な印象を受ける。
タック・スン氏は子供の時、隣に住む年寄りにKhmer民族の音楽の道具の使い方を勉強した。段々と上達し、難しい歌などが歌えるようになった。

2015年4月の時のタック・スン氏。
撮影:グエン・ルアン





タック・スン氏が監督した劇の一つ。
撮影:グエン・ルアン



演じているタック・スン氏。
撮影:グエン・ルアン



指導しているタック・スン氏。
撮影:資料



Khmer民族の多くの家族に人気されるタック・スン優秀芸術者。
撮影:グエン・ルアン

 
タック・スン優秀芸術者は1964年に生まれ、今ベトナムの伝統的な劇の監督者、役者であり、ズ・ケの伝統的な劇の作者でもある。


1983年、タック・スン優秀芸術者はアイン・ビン・ミンKhmer芸術団に参加した。タック・スン優秀芸術者は引き続き勉強し、先輩の技術を受け継いだ。1985年、彼はベトナムのビンディン省クイニョン市で行われた音楽会に参加し、第一位の賞を獲得した。

その後、タック・スン氏は、アイン・ビン・ミンKhmer芸術団の中の同僚と国内だけでなく、カンボジア、ラオスなどの外国でも公演した。

特に、タック・スン氏は多くのKhmer民族の歌を作った。

Khmer民族の生活と文化の精神に貢献したおかげで、タック・スン氏は2007年、国に優秀芸術者の名誉を授与した。


演じているタック・スン芸術者(赤い服)。
撮影:グエン・ルアン



タック・ティ・ハ芸術者と演じているタック・スン芸術者。
撮影:資料







一心に演じているタック・スン優秀芸術者。
撮影:グエン・ルアン

今、タック・スン氏はチャーヴィン省の文化・芸術短期大学で教えている。彼の希望は、若者が伝統的な劇などを維持し、発展させることである。
文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアンと資料