06/12/2016 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

タガメの養殖場

ホーチミン市、クーチー郡、タンフーチュン町、ベンドー村のレー・タイン・トゥン氏は研究すること2年、8000匹のタガメの養殖場を建設した。このモデルは高い経済効果とタガメの保護に貢献を果たした。
レー・タイン・トゥン氏は、コオロギ、ムカデ、サソリなどの多くの種類の昆虫を養殖する。しかし、市場では各昆虫の価格が下がり、よって彼はタガメを養殖する研究をした。

ホーチミン市、クチ郡、タンフーチュン町、ベンドー村のトゥン氏のタガメを養殖する農場

タガメを養殖するトゥン氏。

タガメの養殖場。

タガメの餌。

タガメが成長するための良い環境。
タガメ

タガメの養殖の水槽。

 

タガメは Lethocerus indicus Lep. et Serv 科学名があり、黄色がある体があり、7~8cmの長さがある。.
トゥン氏はタガメを養殖する方法を研究し、養殖場の建設のために3億ドンを投資した。トゥン氏によると、タガメが良く成長させるために、よい条件と設備を備えることは必要である。
成長の早い昆虫であるタガメの成長期間は約2ヶ月半である。

最初の5匹のタガメで、トゥン氏の養殖場には8千匹のタガメを養殖されている。現在、彼はホーチミン市のレストランや食堂に、約100匹のタガメを出荷する。タガメは1匹35,000ドン~40,000ドンで、1日当たり4百万ドンの収入がある。


トゥン氏の生簀のタガメ
養殖1ヶ月のタガメは食用として商品になる
35,000ドン~40,000ドンの値段のタガメ
希少な昆虫として知られるタガメ
 タガメの養殖は高い経済効果を与え、この昆虫を保護にも貢献を果たす。

 

現在、4ヶ所のタガメの養殖場のほかに、他の多くの種類の昆虫も飼っている。トゥン氏によると、高い経済効果を与え、この昆虫を保存することに貢献を果たす。ために、他の人とタガメを養殖する経験を分かち合う。

 
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
写真:トン・ハイ