22/06/2017 11:01 GMT+7 Email Print Like 0

タイ・ニン聖地

カオ・ダイ教はベトナムのタイ・ニン省で1926年でベトナム人に設立され、今まで数百万人の信徒がいる。愛、人道、道徳の方針でカオ・ダイ教の活動はベトナムの宗教の発展に貢献する。

タイ・ニン聖地の心

タイ・ニン聖地というと、タイ・ニン聖座を思う。タイ・ニン聖地は豪勢豪勢で、特別な建築の建物であり、ベトナムの南部で唯一である。

ホーチミン市から西北の方、国路22号と国路22Bで80kmぐらい行くとタイ・ニン省ホア・タイン県ホア・タイン町にあるタイ・ニン聖座に到着する。遠くから見ると、タイ・ニン聖座は緑の中で目立つである。

面積が1平方キロメートルである土地にあり、12の門があり、100軒近くの大きな建物と小さな建物がある。


世界の多くの大きな宗教の特徴を反映するベトナムの宗教の建築であるタイ・ニン聖座


タイ・ニン聖座の主な入り口


ベトナムの伝統的な建築、回教の聖堂の建築、道教の殿の特徴を有するタイ・ニン聖座の屋根の建築


「天眼」のシンボルである大きな目が描かれる大きな球があるタイ・ニン聖座の正殿


タイ・ニン聖座の正殿のドアにある「天眼」


カオ・ダイ教の信徒の家族の家で崇拝される「天眼」


タイ・ニン聖座で儀礼を行うカオ・ダイ教の信徒

1927年から築かれ、1947年まで完成されたタイ・ニン聖座は長さが93mで、広さが22mであり、龍馬の姿がある。龍馬の頭が西の方へ向かう。
カオ・ダイ教は仏教、道教、儒教、カトリックなどの世界の大きな宗教の特徴を有する。「天眼」(天帝)を崇拝する他、釈迦、イエス、孔子、老子、観音菩薩なども崇拝する。今、カオ・ダイ教の信徒は世界中で4百万人になある。タイ・ニン聖座は250万人の信徒を管理する。
タイ・ニン聖座は多くの様々な建築の特徴を有するためベトナムの宗教の建築の傑作になり、仏教、道教、儒教、カトリック、回教、インド教世界中の多くの宗教の文化の特徴を表す。

タイ・ニン聖座は一見、カトリックの教会の建築の特徴があるが、龍を彫刻する156本の柱がベトナムの建築の特徴を有する。他は、タイ・ニン聖座の屋根はベトナムの寺などの建築の特徴がある。屋根の前の部分に蓮の台にある仏の像があり、真ん中に回教の聖堂の丸天井のようなギン・フォン・ダイ(迎風台)があり、端に3階建ての八卦台がある。タイ・ニン聖座の中に入ると、その真中に儒教の階級を区分する9階段がある九重台がある。正殿に大きな球がある。その球に「天眼」と呼ばれる巨大な目が描かれる。その周りに宇宙の中の星のシンボルである3千のスターも描かれる。カオ・ダイ教は天帝のシンボルである空の目(天眼)を崇拝する。

特別なのはタイ・ニン聖座が優秀な建築家ではなく、建築に関係がない農民たちとカオ・ダイ教のおえらがたに設立した工事であること。さらに、タイ・ニン聖座は彼らに手で設立された。

この100年間近くで、タイ・ニン聖座は慎重に守れ、タイ・ニン省の宗教の建築の傑作になり、全世界のカオ・ダイ教の数百万人の信徒を集中し、外国人の観光客の誘致的な到着先にもなる。


聖地における新たな生活

毎年、旧暦の8日、カオ・ダイ教の信徒たちはタイ・ニン聖座に集中し、1月8日から15日までヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼に出席する。

カオ・ダイ教の信徒たちにとって、ドゥック・チ・トンは天帝であり、宇宙のすべての物を作り出す方である。天帝は信徒たちに優しいお父さんと呼ばれル。

ヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼はタイ・ニン省におけるカオ・ダイ教の信徒たちの文化の特徴を有し、カオ・ダイ教の信徒たちにとって重大のイベントであり、お父さんに孝敬の意を表明するのである。

ヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼において、線香をあげる儀式、礼拝する儀式、経典を唱える儀式の他、信徒たちと全国の観光客と外国人の観光客は、民間伝承の遊び、武術の試合なども参加する。


タイ・ニン聖座において行なわれるヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼におけるパフォーマンス


ヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼を歓迎するタイ・ニン省のカオ・ダイ教の信徒たち


ヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼に出席する家族の人たち

ヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼で演じる儀礼の楽団


カオ・ダイ教のクメール民族の信徒たちの伝統的な楽器を理解する観光客


カオ・ダイ教の信徒は子供に道徳などを教える

ヴィア・ドゥック・チ・トン大儀礼、イエン・ジエウ・チ・クン祭り、線香をあげる儀式、崇拝の儀式などの時、信徒たちと観光客は民間伝承の遊び、武術の試合なども参加する。
カオ・ダイ教の最高のお偉方であり、タイ・ニン聖座カオ・ダイ教協会会長であるトゥン・タム・タイン氏によって、カオ・ダイ教が生活に近く、善に向かう思想があり、平和、団結を保護する宗教である。ベトナムの共産党、国家の指導の下で、カオ・ダイ教協会は信徒たちなどに法律に伴い、ベトナムの経済・社会の発展に貢献することを奨励する。

タイ・ニン省にあるカオ・ダイ教の信徒たちの生活、特に経済の生活は改善された。毎年、ホア・タイン県における552軒の企業は現地の政権と信徒たちに雇用を創出し、困難に直面する人々を援助する。

タイ・ニン省を訪問すると、観光客は人民たちの信教の需要を応じ、南部の経済・社会の発展に貢献するベトナム人のカオ・ダイ教が理解できる。


文:グエン・ヴー・タイン・ダット
グエン・ルアン