09/06/2017 11:51 GMT+7 Email Print Like 0

タイ・グエン、ベトナムの全国の最大の農産物の生産地

ベトナムのタイ・グエンは毎年、輸出が数十億米ドルに達するコーヒー、胡椒、野菜、果物などの農産物を生産している。その農産物は本地の民族たちの生活を改善することに貢献する。今、タイ・グエンは全国の最大の農産物の生産地になった。

植木、特に工業用樹木を栽培することに適当する土、気候などがあるタイ・グエンは毎年コーヒーの木、胡椒の木、茶の木などを大規模で栽培する。

タイ・グエンのコーヒーの木を栽培する面積は主に他の樹木を栽培する面積を占める。コーヒーのおかげで、タイ・グエンも世界の市場で位置を確認し、ベトナムが世界でコーヒーを輸出する第2位の国とロブスタコーヒーノキのコーヒーを輸出する第1位の国になれるようになった。

今、タイグエンでコーヒーの木を栽培する面積は57万6800haであり、全国のコーヒーの木を栽培する面積の90パーセントを占める。




ダック・ノン省にける豊作の胡椒の畑。胡椒はダック・ノンをはじめ、タイグエンに最大の経済的価値をもたらす。
撮影:ベトナム通信社



コーヒーの木の畑の豊作
撮影:ベトナムフォトジャーナル



タイホア株式会社のコーヒーの木の畑で収穫する。
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

タイ・グエンの農業はタイグエンの経済、社会を促進することと民族たちの生活を改善させることに貢献する。現在、タイグエンの少数民族が住む山脈地方で1haで栽培するコーヒー、胡椒から5億ドンをもたらす生産地が多くなる。

タイグエン農業発展セミナーに出席した多くの専門家の評価によると、タイグエンにおけるインフラは実際の需要にふさわしくない。特に、タイグエンは生産する土地、資金、質のある労働者などで困難に直面する。さらに、農業を研究する科学者、農業へ投資する投資家、企業はまだ少ないである。

ベトナムのトー・ラム公安省大臣はタイグエンの指導委員会の会長であり、タイグエンの指導委員会、農業・農村発展省、計画・投資省、銀行、タイグエンの各省に生産・経営の連携の模型を設立するプログラムと制作を作り出すことを指導した。その中、企業は中心の役割を果たし、タイグエンの主な農産物を国内外の市場に参加させる。同時に、管理、政策、技術の面でタイグエンの農業を研究し、その中、農産物を栽培する企画は農民たちと市場に向けるべきである。他は、タイグエンで早期で有機農業を設立する。



タイ・グエンにおける家族で乾燥されるコーヒー
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料



タイグエンにある会社のコーヒーの製品
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料



タイグエンコーヒー輸出入投資会社の倉庫のコーナー
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

農業に向けの土、投資、金融についての政策も作り出される。他は国内外の投資家がコーヒー、胡椒のなどの農産物を加工する生産地を投資することを奨励する。

タイグエンの指導委員会会長はタイグエン農産物の生産地を発展させるように木の苗を保存するプロジェクト、人材養成を促進することを指導した。



ダック・ラク省、ザ・ライ省、コン・トゥム省、ダック・ノン省、ラム・ドン省があるタイグエンは面積が5万4637平方キロメートルである。その中、農業の生産地の面積が2百万平方メートルを占める。

文:クアン・フイ(ベトナム通信社
撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料