05/06/2014 11:46 GMT+7 Email Print Like 0

タインティエン村の紙の花

ベトナムの古都フエのタインティエン村は300年間前から伝統的な紙の花を作ることで知られている。タインティエンの紙の花はフエの人々の性格のように壮大、豪華でなく、静かで簡素で上品である。
類がある


カラフルな紙の花

タインティエン村の紙のバラの花
タインティエン村の紙の花は簡素であるが、上品で、あっさりしている。その色は様々であるが、派手ではない。タインティエン村の紙の花、特に紙の蓮はフエの人々のように水臭さがなく、穏やかである、
時間を経て、タインティエン村の紙の花を作る職業は変遷し、ある時、衰退の危機に直面したが、数十年間かけて復活し、特に、フエのフェスティバルの時、表彰される。
今、タインティエン村は多くの熟練した職人がいる。タン・ヴァン・フイ氏、タン・ディン・ホアイ氏、グエン・ホア氏、グエン・ホア氏などが作った紙の蓮はベトナムの全国で知られ、多くの大きな文化のイベント、特にフエのフェスティバルで紹介されている。
2014年フエフェスティバルにおいて、タインティエン村は「タインティエンの色」と題された祭りを開いた。フエの農村の静寂と畑、宮廷、寺などで紹介され、タイン・ティエン村の紙の花は目立った。
 

伝統的な紙の花を作る職業を生んだ祖先を崇拝するタインティエン村の宮廷

タインティエン村で生まれたグエン・チ・フオック氏は50年間、タインティエンから離れ、
今、戻って、紙の花を作る職業を復活させる夢を持っている。
 

紙の花を作っているタイン・ティエン村のロアン氏とフー氏
タインティエン村の紙の花を作る職業を復活させた最初の人であるタン・ヴァン・フイ職人。

子供たちに祖先からの技術を伝え、伝統的な職業を伝えるタン・ヴァン・フイ職人
出来上がったばかり紙の蓮

タインティエン村の紙の花を作るための道具
花びらを作る技術

おしべを作っている

花びらを作っている農民

紙のバラの花を作っている段階

作ったばかりの蓮とチャン・フー氏
2014年フエフェスティバルにおいて、紙の蓮を紹介するコーナー

現在、タインティエン村の紙の花を作る職業が回復されたのはタインティエン村の職人の才能の他、グエン・チ・フオック氏のようなフエの人々の心のおかげである。グエン・チ・フオック氏は50年間、タイン・ティエン村から離れ、ホーチミン市に住んでいたが、今、国内外の人々に呼びかけ、タインティエン村の紙の花を作る職業を保存、発展させるプロジェクトに投資する。タインティエン村の宮廷で紙の蓮を紹介するセンターはカナダの慈善の組織であるROSEが援助している。

紙の花を作る職業は主な職業ではなく、市場経済の中、多くの困難に直面するが、タインティエン村の人々の心と熱意によりで永遠に存在されると期待する。
文:ホア・タイン
撮影:
チャン・タイン・ザン