07/05/2017 11:22 GMT+7 Email Print Like 0

タイニン省におけるカンタロープメロンを栽培するモデル

タイニン省におけるカンタロープメロンの栽培モデルは農民たちの生活を改善し、地方の農民たちに新らしい農業形式を開いた。
面積4haで、カンタロープメロンを栽培するドアン・ヴィエット・クオンさんの農園を訪問した。ここはバデン山の麓にあるため、気候は栽培に適している。

この農園の技術主任であるリン氏によると、Taki、Sakura、キムロン、ABなどの多くのメロンの種は現代的な技術で栽培される。その技術はホーチミン市技術農業研究と農業発展センターの援助を受けている。

古来、農産物の生産には気候、虫、病気などの影響を受けてきた。他の植物と同様にカンタロープメロンも普通の方法で栽培すると、虫と露の被害を受け成長できない。現代的な技術を使用したハウスで栽培するカンタロープメロンは害虫をの侵入を遮断でき、気候の変動にも対応できる。



ベトナムのタイニン省タイニン市ニンソン町にあるドアン・ヴィエット・クオン氏の農園


カンタロープメロンの栽培にはホーチミン市技術農業研究に技術面での援助を受けてている

現代技術と設備のハウスで栽培するカンタロープメロンは害虫の侵入を遮断し、気候の変動に対応できる。


カンタロープメロンは1年で5回~6回で収穫できる。



カンタロープメロンを栽培するハウスの中の散水自動システム

現代技術でカンタロープメロンを栽培するモデルはホアタイン、チャンバンの地区の気候に適する。カンタロープメロンを栽培することは農民たちの生活を改善させ、同地方の経済・社会の発展に貢献している。
ドアン・ヴィエット・クオン氏の農場
は2棟のカンタロープメロンを栽培するハウスがある。それぞれの設備資金は4億ドンである。

カンタロープメロンを栽培することはVietGAPの標準を使用する。その中、散水システムはイスラエルの技術を使用している。肥料と混ぜた液は自動的に注がれる。そのおかげで、人件費が削減でき、殺虫剤の量も管理できる。

ニンソン町農民教会のグエン・タイン・フォン副会長はカンタロープメロンを栽培するドアン・ヴィエット・クオン氏の農園は現代技術を使用し、タイニン市の最初のカンタロープメロンのモデル栽培であると述べた。そのモデルは経済的に高い効果をもたらす。

今、人気のあるカンタロープメロンは、安全で、高い技術で栽培され、品質標準に達する。


カンタロープメロンの収穫


1kgのカンタロープメロンの価格は3万ドンから3万5千ドンである。

タイニン省におけるカンタロープメロンの栽培モデル

多くの人々に人気のあるカンタロープメロン

多くの人々に人気のあるカンタロープメロン

文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:グエン・ルアン