17/05/2017 09:58 GMT+7 Email Print Like 0

タイグエン高原の銅鑼の文化と森の音

タイグエンの森の中で、バナ民族、エデ民族、コトゥ民族、モノン民族、 ザライ民族、マ民族などのタイグエン省に住む民族は銅鑼が宝物、心の声、彼らの愛情、神と繋がる方法であるとされている。12年後、タイグエン高原の銅鑼の文化は無形文化遺産に登録され、自分の価値を表わし、使者として世界の人々と友達となる。
森の呼びかけ

3月、タイグエン省の民族の祭りである。今回私たちは、タイグエン省を訪れ、ブオンマートゥオット市を訪問し、2017年コーヒー祭りと銅鑼の祭りに参加した。

タイグエン省の文化をあふれる雰囲気で、コーヒーと銅鑼は最も人々に関心が持たれた。

タイグエンの銅鑼が無形文化遺産に登録された12年間後、タイグエンの不思議な銅鑼については研究者とタイグエン省の文化を発見した人々の関心を引いた。

ブオンマトゥオット市において行なわれた2017年銅鑼フェスティバルの最初に行われる銅鑼の演奏は人々に強い印象を与えた。



タイグエン高原の銅鑼の文化的空間は
コン・トゥム省、ザ・ライ省、ダック・ラック省、ダック・ノン省、ラム・ドン省に広がる。
撮影:コン・ダット



タイ・グエン省に住む民族たちにとってゴングは貴重な財産であり、権力と繁栄のシンボルである。
撮影:コン・ダット



ダック・ラック省ラック県ジュン村におけるモ・ノン民族たちは象に健康を祈る式でゴングを叩く
撮影:コン・ダット


チエンを叩くセ・ダン民族の少女
撮影:レー・ミン

タイグエン省に住む民族たちにとって、銅鑼の音は一生不可欠なものであり、生まれてから死ぬまで続く。そのため、ベトナムのタイグエンにおける少数民族の重要な儀礼で銅鑼が演奏される。銅鑼も現世と神の世界をつなぐ「音の絆」である。
ゴングは銅で作られる。ゴングは真ん中につまみがある。チエンにつまみがない。この楽器は多くのサイズがある。直径が20センチから60センチ、120センチまでである。2つから12つまでのゴングは一回使われる。
イー・ティム演奏者はエデ民族の銅鑼文化の中で熟練者であり、「銅鑼はタイグエンの魂です。生まれた時の名づけの儀礼、健康を祈る儀礼、死むまでいつも銅鑼の音につながる。

イー・ティムさんによると、エデ民族の人々に対して、銅鑼が楽器ではなく、貴重な財産でもある。「豪邸と車があっても、銅鑼がなかったらお金持ちではありません。タイグエンに住む民族たちにとって、銅鑼がないと、お金持ちであはありません」と述べた。

そのため、ブオンマトゥット地域では、イー・ティムさんはお金持ちと呼ばれ、貴重なチエンの20器のコレクションを所有する。彼は「私の家は博物館ではなく、エデ民族の貴重な財産を保護と維持する場所であり子孫、銅鑼を学ぶ学生たちに向けのもので、エデ民族祖先の文化が理解できる場所でもある。」と述べた。

今回、私たちは、ダックラック省-ラック県ジュン村のイ・トン・ドラン長老と会えた。長老は「昔、モノン民族の銅鑼とチエンの価値は7頭、8頭の水牛の価値に相当する。銅鑼とチエンが貴重なものですから、モノン民族の人民たちは銅鑼とチエンは貸し出しません。」

ジュン村で、イ・トン・ドラン長老にダン・ナン・ロン氏の象の健康を祈る儀礼へ連れられた。霊媒師および象のオーナーのダン・ナン・ロン氏によると、タイグエンの人々の観念では、どんなものにも霊魂があり、すべての物がつながるのは銅鑼の音だけである。そのため、象の健康を祈る儀礼で、銅鑼とチエンの音がないと、象の霊魂は戻れないという。



チエンの音を聞いてみるジュン村のイ・トン・ドラン長老
撮影:コン・ダット


タイ・グエンにおけるザ・ライ民族の儀礼の一つ。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ベトナム民族文化村で行なわれる民族の文化の祭りで
銅鑼を演じるタイ・グエンの民族の人たち。
撮影:カイン・ロン


ジュン村でチエンを叩き方を教わる子供たち。
撮影:コン・ダット

ダン・ナン・ロン氏が儀礼の命令をした。銅鑼とチエンの音を聞くと、粗暴で大きな象は大人しくなり、象使いの言いなりであり、破壊する行動を阻みます。

ベトナムのダックラック省の文化、スポーツと観光局のレポートによると、ダックラック省で、2011年-2015年の「タイグエン高原の銅鑼文化の保護と保存」と題されたプロジェクトを通じて、350の若者のチームが結成され、2016年から2020年までには、500チームになる。


呼びかけるタイ・グエン

銅鑼とチエンはタイグエンの民族の特別な文化・観光のものになり、多くの村をつなぎ、現世の人々と神の世界をつなげる赤い糸だけでなく、タイグエン民族の心の声であり、多くの人々にタイグエンの経済の潜在力と文化を理解することを呼びかける。

そのため、2017年タイグエン投資促進会議で、グエン・スアン・フック首相は観光の発展のための多くの戦略を作り出し、地元の文化である特に銅鑼の文化を維持する。この数年間、観光-文化の発展でゴング、チエンの役割について理解するため、ラムドン省、ダックラック省、コントゥム省、ダックノン省は銅鑼とチエンの文化を保護し、発展させる政策を実施した。

タイグエンの観光の中心であるダラット市は、温帯の気候があり、観光客は、素敵な景色を観賞したり、リアンビアン山におけるマ民族の特別な銅鑼とチエンも聞ける。

ベトナムのブオンマトゥオット市におけるコーヒー祭りと銅鑼とチエンの文化フェスティバルを訪問すると、観光客はエデ民族の銅鑼とチェンの文化が見学できる。



ザ・ライ省における文化の観光の村におけるタイ・グエンの銅鑼とチエン
撮影:ベトナムフォトジャーナル



セ・ダン民族の
銅鑼とチエンの演奏。
撮影:レー・ミン



銅鑼とチエンの音でダンスする外国人の観光客。
撮影:コン・ダット

私たちはコシア村を訪問し、エデ民族の銅鑼とチエンの演奏を聴いた。3年前、ダックラック省の文化・スポーツと観光局の援助で、マレン長老とコシア村の銅鑼のチームは観光客に銅鑼とチエンの音楽会を行なった。今まで、旅行会社はコシア村ツアーを実施している。
2005年11月15日、タイグエン高原の銅鑼の文化は無形文化遺産に登録され、コントゥム省、ザライ省、ダックラック省、ダックノン省、ラムドン省に広げる。タイグエン高原に住む民族たちは大切な祭り、儀礼、イベントなどで銅鑼、チエンを使用する。

チエンを紹介するツアーを始めた時
から、コシア村のエデ民族の人たちの生活は改善された。

現在、毎週、コシア村は銅鑼とチエンをはじめ、エデ民族の特別な文化を保持する数10の観光団がある。夜になると、コシア村の家で、囲炉裏のそばで、特に銅鑼、チエンを叩きながら、史詩を読み聞かせる。


タイグエン高原の銅鑼とチエンの響きはチュオンソン山脈を越え、隣の国まで響き渡り、世界の人々に無形文化遺産に登録された傑作を紹介する。そのことを通じて、タイグエン高原の民族文化と伝統文化を世界へ紹介することに貢献する。

 



文:カイン・ロン
撮影:レー・ミン、コン・ダット、カイン・ロンとベトナムフォトジャー