02/01/2014 12:10 GMT+7 Email Print Like 0

タイグェン省、ホー主席による同省訪問50周年記念式典開催

12月31日、中部山岳地帯タイグェン省は、ホーチミン主席による同省訪問50周年記念式典を行いました。

式典で挨拶を行ったタイグェン省人民委員会のグェン・ディン・ファク委員長は「フランス植民地主義者に対抗する戦争時代にホーチミン主席はタイグェン省を革命根拠地として選んで革命活動を行った。戦争が終わった後も、ホー主席はタイグエン省を7回にわたり訪れたが、1964年1月1日はホーチミン主席による最終の訪問となり、その機会にあたり、ホー主席は同省の鉄鋼工場の幹部、技術者、スタッフおよそ4万5千人と懇親会をおこなった」と明らかにしました。

ファク委員長は「我が省の指導部と省民は様々な困難に直面していますが、弱点を克服して、2020年までに故郷を近代的工業都市にし、そして、中央直轄市になるため、全力をあげて、取り組んでいます」と言った。
ソース:VOV
他の記事