13/10/2014 10:40 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、欧州歴訪を開始

12日、グエン・タン・ズン首相はハノイをたち、欧州歴訪を開始しました。ズン首相は13日から15日にベルギーや、EU=欧州連合、ドイツを、そして、ASEM=アジア欧州会合第10回首脳会議に出席するために16日から17日にイタリアを、18日にバチカン市国を訪問します。

ベルギーの訪問は、港湾開発や、海運、グリーン成長、ハイテクなどをはじめ両国間の多分野での協力を強化するためのものです。

EU訪問は、今後のベトナムとEUとの協力の発展方向や、双方間のFTA=自由貿易協定の締結、国際場裏での協調・協力の強化策などを討議するチャンスと見られます。

一方、ドイツ訪問の目的は、独越戦略的行動計画の展開、両国間の国交樹立40周年記念活動などについて意見交換するということです。

また、ASEM首脳会議では、開発協力や、安全保障、関係のレベルアップなどの問題を取り上げる予定です。さらに、ローマ法王の招きによるバチカン市国訪問は両国関係の更なる強化を目指すとしています。
:VOV
他の記事