11/03/2015 10:31 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、労働総連盟と会見

10日午後、ハノイで、グエン・タン・ズン首相はベトナム労働総連盟の指導部と会合を行い、2014年における政府と同連盟との協調を評価し、2015年の協力方向を定めた。会合でズン首相は労働総連盟に対し、あらゆる分野で政府と緊密に連携し続けるよう求め、「私たちは協力を進め、労働者の権利保護を強化する必要があります。中でも生活水準の向上、幼稚園、住宅の確保、企業の労働者のための社会保険料の納付、給与未払いなどの問題に配慮しなければなりません。労働総連盟は労働者の生活に深い関心を寄せるべきです。」と述べた。
ソース:VOV
他の記事