07/06/2014 10:51 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、中間ビジネスフォーラムに出席

5日、ハノイで、ベトナム中間ビジネスフォーラム2014が開幕し、グェンタンズン首相が出席した。 「計画から行動へ、新貿易協定のための準備」をテーマとした今回のフォーラムでは、投資、貿易、税関、関税、労働などについて討議が集中的に行われています。フォー ラムで、ズン首相は、中国がベトナムの排他的経済水域と大陸棚に石油リグを不法に設置したことにより、ベトナムのいくつかの地方で抗議デモが自発的に発生し、 幾人かの人々が過激者にそそのかされ、外資系企業の財産を破壊し、治安秩序と外資系企業の事業活動に悪影響を与えたことに関して、「ベト ナム政府はこの問題を処理するため、断固とした措置をとると共に、被害を受けた企業が早期に事業活動を再開するために支援してきた」と明らかにした。 また、ズン首相は「ベトナムはこのような情勢が再発しないように全力を尽くすと共に、外資系企業が生産経営活動を強化するための措置をとる」と述べました。さらに、ズン首相は「現在、ベトナム政府は2016~2020年期の経済社会発展5カ年計画を作成している。ベトナムは平和、独立、豊かな国民、強固な国、民主主義的で、公平と文明的な社会主義国の建設のために取り組んでいる。ベトナムは経済の持続的成長と社会進歩、公平の実現を両立させる」と強調しました。ズン首相は「経済構造の再構築において、ベトナムは中小企業を始め、民間企業の発展に最も有利な条件を作り出しています。これをベトナム経済を発展させる原動力と見なしています。私たちは外国人投資家をさらに誘致するため便宜を図ります。また、ベトナム政府は労働市場と各企業の要求に応えるため、人材育成に力を入れています。」と言った。 ソース:VOV
他の記事