25/03/2015 10:07 GMT+7 Email Print Like 0

ズン首相、ベトナム赤十字協会と会合

24日午後、ハノイで、グエン・タン・ズン首相はベトナム赤十字協会中央委員会と会合を行なった。席上、ズン首相は同協会の努力や責任感を高く評価するとともに、同協会が行なってきた各運動が国の発展事業に大きく貢献したと強調した。また、ズン首相は同協会に対し、今後も収めた成果を発揮し、国際赤十字・赤新月社連盟の7つの基本的な原則に従って任務を遂行し、その中で国民の健康ケア、献血の促進に力を入れるよう求めた。ズン首相は「ベトナムの各病院は患者の治療に際し、血液不足に直面しています。赤十字協会は献血運動を精力的に進めるのは血液不足の解決に切実な貢献をするでしょう。また、心臓や肝臓など臓器移植に成功しました。ですから、国民に対し、臓器の提供に参加するよう呼びかける必要があります。」と述べた。
ソース:VOV
他の記事