04/01/2017 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

ズン財務相 証券市場を経済の資金調達手段へ

3日午前、ハノイ証券取引所で、ベトナムのディン・ティエン・ズン財務相は、2017年初の取引を告げる銅鑼を叩きました。

ズン財務相は、2016年、ベトナムの証券市場の時価総額はGDP国内総生産の74%にのぼり、昨年比で35%増となったと明らかにしました。また、証券市場を通じて調達された資金総額は昨年と比べて54%増ともなった350兆ドン(日本円で1兆8千億円)にのぼり、その中で、政府が発行した国債で調達された資金総額は312兆ベトナムドン(日本円で1兆6千億円)で、過去最大となっているとしています。

ズン財務相は、この20年、証券市場は経済に必要な資金の25%を調達したと明らかにし、政府は今後も、証券市場をさらに発展させ、経済の重要な資金調達手段にする方針であると強調しました。
ソース:VOV
他の記事