17/05/2015 15:20 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席のロシア、チェコ、アゼルバイジャン歴訪の成果

15日夜、チュオン・タン・サン国家主席率いるベトナム高級代表団はホーチミン市にあるタン・ソン・ニャット空港に到着し、8日から行われたロシア、チェコ、アゼルバイジャン歴訪を終えました。この歴訪はベトナムと伝統的関係を持っているこの3カ国との関係を引き続き強化するため行われたものです。 サン国家主席のこの歴訪について、ファム・ビン・ミン副首相兼外相は次のように語りました。 (テープ) 「これらの3カ国の指導者との会見で、双方は政治的関係を高く評価した上で、経済、貿易、投資などの分野における関係の強化を望んでいます。サン国家主席の今回の訪問は政治分野だけでなく、経済、貿易などの分野における協力関係の強化にも前向きな成果を収めたと思います」 今回の歴訪で収めた成果により、ベトナムはロシア、チェコ、アゼルバイジャン3カ国との伝統的関係を重視するという政策を改めて強調しました。 VOV