13/02/2016 16:01 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、老革命家の集いに参加

伝統的お正月テトを迎えるにあたり、11日、ホーチミン市の戦争証跡博物館で、戦争時代にフランス植民地主義者や、アメリカ帝国主義者に投獄された老革命家の連絡会の代表による集いが行われ、チュオン・タン・サン国家主席らも参列しました。
 

これは、ベトナム民族の伝統を振り返るチャンスとみられています。席上、サン主席は、まもなく行われる第14期国会選挙に関する老革命家の意見に耳を傾けた後、「これらの意見をまとめて、選挙評議会を始め関連各機関に伝える」とした上で、「今後も、老革命家らが貴重な意見を出していくよう」希望を表明しました。

また、サン主席は、領海紛争問題に触れ、「国家主権は神聖なもので、必死で保護しなければならない」と強調しました。

ソース:VOV

他の記事