25/02/2016 09:43 GMT+7 Email Print Like 0

サン国家主席、世界銀行のジム・ヨン・キム総裁と会見

23日午後、ハノイ市内の国家主席官邸で、チュオン・タン・サン国家主席は、ベトナムを訪問中のWB世界銀行のジム・ヨン・キム総裁と会見しました。

会見で、サン主席は「ベトナムが2035年に、高位の中所得国がある工業国になるため、WBが今後もベトナムと共に同行するよう」希望を表明すると共に、ベトナムが気候変動から受けている被害に関して、「WBが国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議の精神に基づき、ベトナムの環境保護活動を支援するよう」呼びかけました。

一方、WBのジム総裁はベトナムが貧困解消事業において達成した成果を高く評価すると共に、今後も、ベトナムの貧困解消事業を引き続き支援すると強調しました。
同日、「ベトナム2035・繁栄、創造、公平、民主へ向けて」と題する報告を発表する式典の後行われた記者会見で、ジム総裁は「この報告はベトナムを近代的な工業国にするベトナム指導者の意向を示している。今後も、WBはベトナムの気候変動への対応、再生エネルギーの開発などを引き続き支援する」と公約しました。
ソース:VOV
他の記事