27/02/2016 22:09 GMT+7 Email Print Like 0

サン主席、九州経連会長と会見

24日午後、ハノイ市内の国家主席官邸で、チュオン・タン・サン国家主席は、ベトナムを訪問中の九州経済連合会の麻生泰会長率いる代表団と会見しました。

席上、サン主席は、九経連の重要な役割を高く評価すると同時に「九州とベトナムとの協力の潜在力は大きいことから、今後も、ベトナムは九州を含む日本の各地方との協力を拡大し、九州地方の企業に対し、ベトナムでの工業団地の建設に有利な条件を作り出す用意がある」と強調しました。また、サン主席は「双方は、観光、教育養成、職業訓練、裾野産業開発などの分野においても協力をさらに拡大させる必要がある」との見解を表明しました。

一方、麻生泰会長は、「日本はハイテク産業、農業・水産物などの分野におけるベトナムとの協力を拡大させたい意向がある。また、両国の発展事業に応えるため、日本は、ベトナム人実習生を受け入れると共に、人材育成でベトナムと協力する用意がある」と明らかにしました。
ソース:VOV
他の記事