27/07/2016 09:25 GMT+7 Email Print Like 0

サンチャイ民族の豊作を祈る儀式

ベトナムのサンチャイ民族の豊作を祈る儀式は、1年で行なわれる祭りの中で最大の特別な文化的祭りである。タイグエン省イエンラック‐ドンシエン村のベトナム民族文化-観光村で祭りは再現された。
サンチャイ族は、ホンバン、カオラン、サンチ、マンカオランとも呼ばれ、ベトナムの東北地方のタイグエン省、バックカン省、バックザン省に住んでいる。

サンチャイ民族の儀式の供え物は、豚肉、オコワ、鶏肉、玉子や果物、菓子などである。その中で一番重要で不可欠な物は、モチーフを描いた絵である。


豊作を祈る儀式を行う時、絵をかけているサンチャイ民族の女性。

豊作を祈る儀式を行う時の供物

豊作を祈る儀式を行っている人

豊作を祈る儀式で使用される物

豊作を祈る儀式で使用される物

豊作を祈る儀式の中の愉快なタックシン踊り

タックシン踊りの最後に踊られる男たちの踊り

タックシン踊りで使われる竹の楽器は素朴で大きさは様々である

タックシン踊りの型は、サンチャイ民族の働く動作を真似た踊りである

豊作を祈る儀式の時に着るサンチャイ民族の女性の衣装

豊作を祈る儀式の時の踊りはタックシン踊りである。民族の伝統衣装を着た男女が一緒に踊る。タックシン踊りは労働とを模倣する。

タックシン踊りで使われる楽器は土の太鼓と木や竹の筒である。土の太鼓は、地面に直径50cmの穴を掘り、その穴を木の皮で覆い、皮の中心から紐を引き枝で固定しそれを弾く。皆はリズムに合わせて踊り、土から不思議な音がでる。

踊りの後、人々は民謡を一緒に歌い、手をつなぎ輪になって、団結精神を表わす。最後に、皆で豊作を祈願して祭りの儀式は終る。観光客は村の人に食事を招待され、村の繁栄と豊作を希望する。
文、撮影:ヴィエット・クオン