11/04/2017 15:04 GMT+7 Email Print Like 0

ザイ府の祭り

長い歴史を持つマウタムフーの崇拝は、ベトナムに広く伝わる信仰で、「三府聖母道信仰」とも呼ばれる。その中、ザイ府はこの信仰の中心である。旧暦の3月、リエウ・ハイン聖母への恩恵の意を表わすためザイ府の祭りは行なわれる。
ザイ府はベトナムのナム・ディン省ヴ・バン県キム・タイ集落にあり、「三府聖母道信仰」に関する有名な建築である。ここで、聖母道信仰に関する文化、信仰の活動は一年中で行なわれる。その中、最も人民たちに印象を与えるのはザイ府の祭りである。
 

ザイ府の祭りはティエンフオン府を中心として行われる
撮影:コン・カイン



ザイ府の祭りの一つである火の行列に参加する人民たちの笑顔
撮影:タット・ソン



ザイ府の周りを行く行列の長
さは3キロにもなる。
撮影:コン・ダット



火の行列に参加するフエさん(ピンクシャツ)の笑顔。
撮影:コン・ダット



ザイ府の祭りの様子。
撮影:コン・カイン



昇天する3方の聖母の中の1方を象徴する。
撮影:タット・ソン



ティエンフオン府で礼をする観光客。
撮影:タット・ソン



ザイ府の祭りの中の聖母の行列
撮影:コン・ダット



リエウハイン聖母の行列
撮影:コン・ダット



トゥオン・ガン母の行列。
撮影:チャン・タイン・ザン



トアイ母の行列。
撮影:チャン・タイン・ザン



リエウ・ハイン聖母の行列
撮影:チャン・タイン・ザン


ナムディン省の人々と全国からの観光が客集まる行列
撮影:チャン・タイン・ザン


ティエンフオン府からティエンフオン寺までの行列。
撮影:コン・カイン



ティエン・フオン寺における行列。
撮影:タット・ソン



ティエン・フオン寺への第一母の行列。
撮影:タット・ソン



ザイ府の祭りに参加する人々
撮影:チャン・タイン・ザン



ティエン・フオン府への母の行列
撮影:コン・ダット

リエウ・ハイン聖母は多くの所で崇拝される。その中で、ザイ府は中心であり特別な儀礼を保存する。ザイ府はベトナムの聖母道信仰の中、大きな意義を持っている。

三府聖母道信仰は宇宙の要素に相当である。それは天府(空)、岳府(山脈)、水府(河川)である。そのそれぞれの府の頭主となるのは聖母である。それは空を治め、雲、雨、風、雷などを司る上天母(第一の母)、少数民族が住む山脈を治める上岳母(第二の母)、農耕と漁業に利益を与える河川を治める、水母(第三の母)である。

祭りにおいて、観光客は火の行列、聖母の行列、などの儀礼に参加できる。

初日の火の行列は旧暦の3月3日の夜で行なわれる。これは昔から行なわれている。火はティエンフオン府から他の1000本のトーチに伝えられる。人民たちはトーチを持ち、ザイ府の周りを行く。この儀礼の目的は十分な生活の繁栄について祈りである。

 特に、ザイ府の祭りの中、聖母の行列は最も重要な儀式である。聖母はテイェンフオン母府からティエンフオン寺まで行列が行われる。
ザイ府の祭りの中の「三府聖母道信仰」の儀礼はユネスコ無形文化遺産に登録された。この遺産はベトナムの特徴的な伝統文化の維持に貢献する。


母の行列はにぎやかな雰囲気で行なわれる。全国の数千人の観光客もその行列に参加した。特に、ティエン・フオン府で風船から作られる昇天する聖母の象徴の3頭の龍を揚げる儀礼もある。
 

ザイ府の祭りの中の儀礼を行なうグエン・タット・キム・フンレンドン師
撮影:チャン・タイン・ザン



ザイ府の祭りの中の活動に参加する全国からの観光客。
撮影:チャン・タイン・ザン



ティエン・フオン府で行なわれるザイ府の祭りの中の民間伝承の遊び
撮影:グエン・ロン・フン
文、撮影:タット・ソン、タイン・ザン、コン・ダット、コン・カイン、グエン・ロン・フン