05/06/2016 22:11 GMT+7 Email Print Like 0

ゴビ砂漠の魅力

ゴビ砂漠は、巨大の砂の山があり、地球で最も生存が過酷な地帯と呼ばれ、砂の嵐がよく吹く。今世界の観光客の理想の観光先となっている。


ゴビ砂漠は、中国の内モンゴル自治区からモンゴルにかけて広がる砂漠。東西約1600km、南北約970km、総面積は、約130万k㎡で、世界で4番目の大きさを誇る。
ゴビ砂漠は中国とモンゴルの観光スポットがある。その中、Mingsha 砂丘は素敵で一番人気があり、昔のシルクロードに沿う。

砂漠の王と呼ばれるフタコブラクダはゴビ砂漠に住んでいる唯一の動物で、砂漠での交通手段でもある。現在、約1,000頭のフタコブラクダがいる。

 
 
観光客を待っているフタコブラクダạc.


観光するためには、フタコブラクダとガイドは不可欠である。

Mingsha 砂丘の案内板
 

厳しい季節と困難な旅でも、ゴビ砂漠のMingsha 砂丘は観光客の観光目的地である。


今現在、1,000頭のフタコブラクダとガイドがいる。


1グループは5頭のラクダと一人のガイドが担当し、4kmのコースで観光客を案内する。


記念写真を撮る観光客

休んでいるラクダ


観光客も自分で山の頂上に乗り、壮大な砂漠が観賞できる


他は多くの遊びに参加できる。


砂漠と遊ぶ観光客

砂漠の中、記念写真を撮っている観光客

2000年前から生まれた月牙泉は、シルクロードの商人がゴビを越える前の休憩所であった。


月牙泉のそばにある中国の伝統的な建築の寺


観光客を運ぶフタコブラクダの列
 
1人のガイドが5頭のラクダを担当し、4kmのコースを観光する。Mingsha 砂丘でフタコブラクダが歩く姿は、中国の東方から中亜を越え、地中海までのシルクロード商人の列の姿を思い出す。

休憩の時、観光客は散歩しながら一人で山の頂上に乗り、色々な遊びに参加する。

次に、観光客は2000年前から在る月牙泉を訪問する。月牙泉は長さが218mであり、東から西に流れ、一年中、水が青く、涸れたことがない。



Mingsha 砂丘は広さが31200 km2であり、東西の長さが40kmである。Mingsha 砂丘と月牙泉は中国の重要な観光地であり、1994年、5つの最も見事な砂漠の一つである。

文、撮影:チョン・チン