20/04/2017 16:19 GMT+7 Email Print Like 0

ゴックヴィエンドン(遠東の宝)の新しい姿

予測によると2020年、ベトナム最大の都市であるホーチミン市は人口が千万人を超えるという。そのため、ゴックヴィエンドン(遠東の宝)と名前に値し、世界のレベルの「大都市」になるようにホーチミン市は今著しく発展している。
1975年、ベトナム南部開放の後、全国の多くの都市とともに、サイゴン-ホーチミン市は、復興と建設をし戦争後の克服を行った。

前世紀の80年代まで、全国がドイモイ(刷新)へ向けて進んでいる時、全国から多くの人がホーチミン市に集中して生活を営んだ。そのため、都市企画も困難に直面した。当時、ホーチミン市は人口の急速な増加で、現代的な都市に価する企画を作り出した。



歴史的な工事であるヴォー・ヴァン・キエット通り、グエン・ヴァン・リン通りは
ホーチミン市の姿を変化することに貢献する
撮影:トン・ハイ



ホーチミン市2区におけるトゥ・ティエム新市街の企画のプロジェクト

ホーチミン市の新たな発展段階を象徴するグエン・ヴァン・リン通り
撮影:キム・フオン

ホーチミン市はベトナムの最大の都市であり、経済の分野で全国の第一の都市である。全人口の10%と総面積の0,6%を占めるが、ホーチミン市は全国のGDPの23%を、収入金額の30%を、全国のFDIの20%を占め、全国の科学者の40%が集まった都市でもある。
フーミフン新市街の誕生はこと刷新的な企画の最初のプロジェクトであった。ホーチミン市の南方にある荒れた泥沼から国際レベルの新市街が設立された。ホーチミン市の最初の新市街は1997年、アメリカ建築院に「アジアの優秀な新市街」という賞を授与された。

フーミフン新市街はここに住む人達だけでなく、全国の人々と観光客も集まる。ここは空気が良く、現代的な空間で遊ぶことができる。休みの日、テトの時、フーミフン新市街は文化、芸術のイベントなどを実施し、多くの観光客の関心を集める。

今、フー・ミ・フン新市街には3万人が住んでいる。その43%は外国人であり、その外国人はフー・ミ・フン新市街の特別な要素になる。



フーミフン新市街はホーチミン市の南方にあり、東側を海に持つ、多くの国家と同じ傾向に発展する。
撮影:キム・フオン



フー・ミ・フン新市街における高級な別荘
撮影:キム・フオン







フー・ミ・フン、トゥ・ティエムなどの新市街の発展はホーチミン市の人々に文明で、現代的な現代の生活をもたらす。
撮影:キム・フオン



ホーチミン市8区におけるNovalandaグループのHabor City市街。

トゥ・ティエム新市街におけるサラ市街。
撮影:キム・フオン





ホーチミン市の人たちにのある新市街新。
撮影:キム・フオン





ホーチミン市の人たちは新市街でショッピングをしたり娯楽地で自由に遊べる 。

フーミーフン新市街の完成はホーチミン市の政権の都市企画の戦略を変えた。それから、トゥティエム新市街、サイゴン川を貫くトゥティエムトンネル、ヴォーヴァンキエット通り、グエンヴァンリン通り、フーミー橋、Bitexcoタワーなどが建設された。今、メトロも建設中である。

今、ホーチミン市は面積が200ha以上である11件のプロ弱とがあり、44件の住民地のプロジェクトがある。
ホーチミン市1区のBitexco65階建てのビルは特別な建築を有し、蓮の花の形で、活動的で、現代的なホーチミン市の新たなシンボルとなった。この建物の最上ヶ意味ると、サイゴン川ののそばにある活発で、現代的な新市街の全体の様子が見える。

長い時間が経ち、ホーチミンのセンターに、今も古い建築が残っている。それはドゥックバ教会、ホーチミン市郵便局、ベンタイン市場、統一会堂などである。

フーミフン新市街は歴史的な工事と呼ばれれば、トゥティエム新市街は21世紀のはじめの重要な工事となった。

昔、トゥティエム半島は貧乏な人たちが住むハットの姿であったが、今は現代的でなトゥティエム新市街になり、ホーチミン市のセンターとサイゴン川を貫くトゥティエムトンネルでつながる。3万人がここに住んでいる。ここで、祭りの時は百万人が集まる。トゥティエム新市街は東南アジアで最も素敵な市街になると期待されている。

 

フランス統治時代に建てられたフランス風の建築を生かし、ホーチミン市人民委員会は歴史的な建築の特徴を保存している。
撮影:トン・ハイ


1877年で設立され、1880年完成されたドゥック・バ教会はホーチミン市の代表的な建築であり、今、観光客に対して不可欠な観光地となる。
撮影:キム・フオン


フランスの統治時代に建てられたフランス風の建築のホーチミン市郵便
撮影:グエン・ルアン


新市街を建設すると同時に、ホーチミン市は文化−歴史の価値のある古い建築を保存する。
写真説明:ホーチミン市のヴォー・ヴァン・タン通り110−112番地の別荘
撮影:トン・ハイ



ホーチミン市とトゥ・ティエム新市街をつながり、サイゴン川を超えるトゥ・ティエムトンネルは東南アジアの第一の現代的な建設である。
撮影:トゥー・バ



ホーチミン市の2区と7区をつながるフー・ミー橋
撮影:キム・フオン


ホーチミン市の1区と4区をつながる交通のシステム。
撮影:キム・フオン



ホーチミン市の新たなシンボルであるBitexcoビル。
撮影:キム・フオン



ホーチミン市で多くのプラザが設立された。
撮影:キム・フオン



ホーチミン市のセンターのグエン・フエ歩道通り
撮影:トン・ハイ



ホーチミン市はいつも観光客に人気される
撮影:キム・フオン

市街地の発展とともに、この数年間、ホーチミン市の政権は市民の生活の改善を促進する。今、貧困撲滅運動を実施、保険のシステムを向上させ、観光を保護しながら経済を発展させ、「質の高上、文明的で、現代的な生活を有するホーチミン市」という方針に向ける。


世界銀行のリポートによると、2020年ホーチミン市は人口が1千万人になるという。そのため、ホーチミン市は2020年まで、平均1人り当たりの面積が20平方メートルになる。
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:ダン・キム・フオン、トン・ハイ、トゥー・バーとグエン・ルアン