14/03/2014 11:26 GMT+7 Email Print Like 0

クー・ラオ・チャム(Cu Lao Cham)を再生

クーラオチャム(Cu Lao Cham)生物圏保護区(クアンナム省)は美しい風景で、有名であるばかりでなく、ベトナムに発見された珊瑚で、科学者たちにより特別な関心を持たれる。そのほか、珊瑚を繁殖させ、ベトナムの海に珊瑚を取り戻す再生方法の研究を促進する。
緑の島の活力
世界遺産のホイアン旧市街から約20カイリ離れており、10年前、クーラオチャム地域は荒れた島郡であった。2009年、ユネスコによりクーラオチャム地域を生物圏保護区として公認された。それにより、クーラオチャム地域はすぐに中部の有名な観光地となり、多くの世界の化学者により関心を持たれた。
2010年の夏、私たちと日本人の観光客たちはクーラオチャム島からクアダイ海岸まで泳ぐ競技に参加した。そのときに、クーラオチャム生物圏保護区の通信情報室の管理者であるレー・ヴィン・トゥアン氏によると、ホイアン市とクーラオチャム生物圏保護区は、この地域を美しい海洋観光地にする予定であった。それで、地方政府は、島民の約3000人のために、料理、ガイドの訓練コースなどの観光サービスに関する教育クラスを開設した。
2014年の初め、私たちは、クーラオチャム生物圏保護区を再び訪問しトゥアン氏と再会した、彼によると、クーラオチャム生物圏保護区は珊瑚を見るために、スキューバーダイビング、海水浴場サービス、地域の特産品サービス、自然の海の美しさを発見するサービスなど多くの観光サービスのある有名で、魅力のある海洋観光地になった。

 

タンヒエップ島郡に属するクーラオチャム生物圏保護区は8つの島を含む、5000㎡の広さがある。撮影:ホアン・クアン・ハー

夏期には、毎日、クーラオチャム生物圏保護区では海で泳ぎ、自然の風景を見る約3500人の観光客を歓迎する。撮影:チャン・タイン・ザン(Tran Thanh Giang)

クーラオチャム生物圏保護区には、観光用の約200隻の高速ボートがある。撮影:チャン・タイン・ザン
エコ観光の活動に参加し、クーラオチャム地域の人たちの特徴的な生活を見学する観光客たち。撮影:トン・ティエン

クーラオチャム生物圏保護区の海を発見する外国人の観光客たち。撮影:ホアン・クアン・ハー
フオン海岸における漁民たちの魚を獲る方法に興味をもつアメリカ人のジョーンタブス氏。撮影:トン・ティエン

多くの観光客たちの魅力のある目的地であるバイチョン海岸、バイフオン海岸、バイラン美しい海岸を有するクーラオチャム地域。                   撮影:ホアン・クアン・ハー

ラオ・チャム(Cu Lao Cham)地域の珊瑚を見る観光客たち。撮影:ホアン・クアン・ハー

クーラオチャム(Cu Lao Cham)生物圏保護区の珊瑚を保護するために、
珊瑚を食べる天敵を除去する外国人観光客たち。 撮影:ホアン・クアン・ハー

«
   ホイアン市、タンヒエップ島郡に属するクーラオチャム生物圏保護区には8つの島を含む。この生物圏保護区における生態系は多様で、豊富である。ここには古い時代のベトナム人の多くの痕跡が残っている。このことは15世紀から、この地域は外国船の目的地であったことを表わす数多くのマークがある。
 
トゥアン氏は私たちに、生物圏保護区の幹部のヒュイン・ドゥック氏を紹介してくれた。ドゥック氏は私たちのガイドをしてくれた。ドゥック氏は以前は、ロブスターや鮑をとり、珊瑚を繁殖させる漁民であった。ドゥック氏は「ホイアン市がクーラオチャム生物圏保護区を樹立したとき、クーラオチャム島の人民たちは、この地域で水産物や珊瑚を獲る習慣がありました、そこで管理委員会が生物圏保護区の珊瑚の区域において、水産物、珊瑚を獲ることを禁止しましたので、心配しました」と言った。
今、。この生物圏保護区は中部の有名な海洋観光地となったので、ドゥック氏と島の人民たちは心配していません。ドゥック氏の妻は料理するサービスをし、彼の息子は、島の観光するために、観光客たちを船に乗せ、珊瑚礁を見るために、観光客たちにダイビングのインストラクターをしている。

夏には、3500人の外国人の観光客はクーラオチャム島の海で泳ぎ、珊瑚を見るために海に潜り。それで、海洋観光サービス業で、人民たちの所得は以前の職業に比べ高くなった。

私たちとフランス人の観光客たちとともに、バイフオン海岸へ行ったとき、私はグエン・クアン氏、グエン・トゥン氏、チャン・クック氏の3人と出会った。彼らは以前は漁民であり、現在、観光客たちのために、魚の獲り方を教えるガイドをしている。観光客たちはこのサービスに興味を持つ。クアン氏は「この網は以前、私たちの水産物をとるための用具でした。今、私たちは観光サービスをするために、この網を使用します。」と言った。

ドゥック氏は珊瑚の美しさを見るために、ムイ・ダー・チャン(Mui Da Trang)地域-クー・ラオ・チャン島の海底の天国として呼ばれる場所へ船で、私たちを連れてきた。ムイ・ダー・チャン(Mui Da Trang)地域における珊瑚面積は30ヘクタールである。約5メートルの深さには、海動物、海植物のカラフルな海の世界である。
沈むツアーを実現した後、ドゥック氏はバイ・ラン(Bai Lang)海岸、バイ・チョン(Bai Chong)海岸、バイ・フオン(Bai Huong)海岸を紹介した。

船に座ると、私たちは海中の美しい珊瑚を見うことが出来た。ドゥック氏は「珊瑚礁開発の職業を退職した後、私は海を保存する職業をしたことに、喜びを感じています。生物圏保護区においては、私たちは美しい珊瑚を再生し、島がベトナムの珊瑚を見る面白い海洋観光地になることを援助します。」と言った。
海を保存する積極的なこと
クーラオチャム生物圏保護区の監督者のチャン・ティー・ホン・トゥイ氏によると、1996年、科学者たちは35類の珊瑚135種の珊瑚を研究し、発見した。その中、ベトナムの海域において、新しい6種類の珊瑚が発見された。そのほか、クーラオチャム島の海域においては、202種類の海産物、4種類の伊勢海老が生息する。島における珊瑚の大部分は島の西方と西南部に165ヘクタールの海域で成長し、漁民たちにより育てられた。破壊された生物圏保護区でニャチャン海洋学院の専門家たちとともに、観光サービスをしながら、この海域に希少な珊瑚の種類を保存するために、珊瑚を養殖し、再生することを実施してきた。

クーラオチャム生物圏保護区とニャチャン海洋学院の専門家たちは生物圏保護区の珊瑚の再生経過を常に検査、研究し、評価する。             撮影:ホアン・クアン・ハー

ランメー海の地域おける珊瑚の再生計画の準備をするクーラオチャム生物圏保護区の幹部たち。撮影:ホアン・クアン・ハー
クーラオチャム生物圏保護区のムイダーチャン地域の海底の珊瑚の成長を調査する。撮影:ホアン・クアン・ハー

海底において、再生された珊瑚.撮影:ホアン・クアン・ハ

海底において、再生された珊瑚.撮影:ホアン・クアン・ハ

珊瑚を再生する責任を負うグエン・ヴァン・トゥアン(Nguyen Van Thuan)クーラオチャム生物圏保護区の幹部。撮影:ホアン・クアン・ハー

海の亀を保護するクーラオチャム生物圏保護区の幹部。撮影:ホアン・クアン・ハー

クーラオチャム生物圏保護区の海において、水産物の成長速度を検査する。撮影:ホアン・クアン・ハー

しかし、海底において、破壊された珊瑚を再生することは多くの困難に直面した。2006年、珊瑚を繁殖させる再生プロジェクトを実施の際、保護区での繁殖は幾度も失敗をした。ドゥック氏と各同僚は珊瑚の苗床としてランメー地域、バイチャー地域、バイマン地域を選択した。そのほか、ニャチャン海洋学院の専門家たちの協力のもに、彼らは珊瑚を良く繁殖させた。
2013年末まで、破壊されたクーラオチャム生物圏保護区の165ヘクタールの珊瑚礁の面積を再生させた。更に保護地域のほかに、146ヘクタールの珊瑚の面積を養殖したこれにより、この海域における珊瑚の総面積は311ヘクタールに到達した。

チャン・ティー・ホン・トゥイ氏によると、珊瑚を再生し、繁殖させることは多くの種類の魚介類が成長するための、よい条件を作った。
このことはベトナムの海域保存の大きな成功である。この結果から、科学者たちはニャチャン市、キエンザン省、バイトゥーロン国立公園(クアンニン省)などの他の地域で、この保存方法を実現する予定である。
 
クーラオチャム生物圏保護区における珊瑚と海生物
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料

撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:クーラオチャム生物圏保護区の資料
撮影:ホアン・クアン・ハー

文:トン・ティエン(Thong Thien)
写真:ホアン・クアン・ハー(Hoang Quang Ha