03/07/2015 09:26 GMT+7 Email Print Like 0

クメール民族の仮面

ベトナムの南部のクメール民族の伝統的な舞踊で使われる仮面マオは特別なものであり、南部のクメール民族の文化を有する。そのため、仮面「マオ」を作ることは伝統的なことでもある。
クメール民族の人々に人の頭の形、民間の信教文化のマスコットの形の帽子はマオと呼ばれる。

ベトナムのチャーヴィン省チャウタイン‐ルオンホア‐バセア村のラム・ソニーさんはまだ27歳であるが、この10年間、仮面の「マオ」を作っている。彼の父親は30年間の経験がある。仮面は布か紙で作られる。

仮面を作るため、型の段階、布と紙を貼る段階、模様を描く段階がある。

粘土で成形し乾燥された後、布や厚紙を貼っていく。貼る糊はここの果物の木の樹脂である。

布や厚紙で貼りもう一度、乾燥された後、粘土の型を壊し仮面、マオが出来上がる。


マオ、仮面を作るため、鋳型の段階、布か紙を貼る段階、模様を描く段階がある。


マオ、仮面を作る原料は布、紙、粘土


セメントで作られる型枠もある


マオ、仮面は特別な模様で描かれる。


マオ、仮面を作ることは伝統的な職業である。


ベトナムのチャーヴィン省チャクー県におけるキム・マイン氏はこの30年間、マオ、仮面を作ってきた。


キム・マイン氏によると、仮面を作る人はクメール民族の文化をよく理解しているという


仮面は特別なものであり、南部のクメール民族の人々の文化を有する。


ここの人々の伝統的な祭りの一つの中のマオをかぶっている一人
 

現在、何回も使えるセメントで作られた型枠を使用している。型から外された仮面は模様が描かれる。

クメール民族の伝統的な仮面、マオをご紹介しよう:

















文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン