08/11/2014 12:01 GMT+7 Email Print Like 0

クメール族のオク・オム・ボク祭り、国の無形文化遺産に

6日夜、アオ・バ・オム文化歴史遺跡で、南部チャビン省は同省に住むクメール族の伝統行事「オク・オム・ボク(Ok Om Bok)祭り」及び、同祭りが国の無形文化遺産に認定される証明書を受諾する式典を開催した。

チャビン省仏教管理委員会のタック・ソク・サネ委員長は「オク・オム・ボク祭りは月を祀る儀式でもあり、南部クメール族の年中行事の一つとして、毎年の旧暦10月15日に行なわれる。」と明らかにした。

クメール族の信仰では、月の神様は天気と作物を管理している。そこで、月を祀る儀式では、クメール族の人々は、順調な天候、豊作をもたらした月の神様に感謝すると共に、来年も雨風の災害がなく農作物が順調に成長すようお祈りする。
ソース:VOV

他の記事