22/01/2017 11:39 GMT+7 Email Print Like 0

クアン国家主席、第9軍区を訪れ、テトの挨拶を述べる

21日午前、南部カントー市で、チャン・ダイ・クアン国家主席率いる作業グループは南部メコンデルタ地域の安全保障という任務を担っている第9軍区を訪れ、同軍区の幹部や兵士に伝統的旧正月テトの挨拶を述べました。

この席で、クアン国家主席は第9軍区の幹部や兵士に対し、海や島を始め、国境地帯に発生する不測の事態を予想するため、情勢を把握し、敵対勢力のあらゆる破壊行為と企みを早期に摘発するよう希望を表明しました。

また、「ベトナムの対外路線を基礎に、カンボジアとの国境線を平和、友好、安定、協力、発展のものにするため、対外国防活動の効果向上に取り組むと共に、カンボジアの軍隊と人民との友好関係を強化するよう提案しました。
その他、クアン国家主席は第9軍区の幹部や兵士に対して、「党建設と第9軍区の戦闘力の向上を重視するよう」求めました。
ソース:VOV
他の記事