28/11/2016 11:31 GMT+7 Email Print Like 0

クアン国家主席、多くの国の指導者と会見

26日、マダガスカルで開催中の第16回フランコフォニーサミットに出席中のチャン・ダイ・クアン国家主席は、フランスや、スイス、コートジボワール、カメルーン、セルビアなど今回のサミットに参加している各国の指導者らと個別会見を行いました。

フランスのオランド大統領との会見で、クアン主席は、「先ごろ行われたオランド大統領のベトナム訪問は目覚しい成果を収め、両国間の戦略的パートナーシップに原動力を作り出した」と語りました。一方、オランド大統領はフランコフォニーに対するベトナム貢献を高く評価した上で、「今後もベトナムとの協力を促進していく」と明らかにしました。

また、セネガルのマッキー・サル大統領との会見で、両首脳は、「両国は貿易や、農業、水産物などの分野で協力を強化するための大きな潜在力がある」と強調しました。

他方、コートジボワール首相との会見で、クアン主席は、「コートジボワールはアフリカにおいて、ベトナムの第2の貿易相手国で、重要な役割を果たしている」としました。これに対し、コートジボワール首相は同国で事業活動を行っているベトナム企業を高く評価し、ベトナムとの農業協力を進めていくと明らかにしました。

さらに、クアン主席との会見で、スイス大統領は「ベトナム・EU=欧州連合間のFTA=自由貿易協定に関する交渉は着実に進められている」との見方を示し、「この協定が締結するとき、ベトナムを訪問したい」という意向を表明しました。
ソース:VOV
他の記事