16/06/2016 15:01 GMT+7 Email Print Like 0

クアダイ海岸侵食

この数年間、気候変更の影響で、ベトナムのクアンナム省ホイアン市のクアダイ海岸が土砂崩れを起し、浸食が進んでいることは人々の生活に悪い影響を与え、観光分野に損害を与えている。
政府の援助で、クアンナム省は海岸における土砂崩れを防止する方法を作り出すため多くのセミナーを開催した。同セミナーに出席した多くの国内外の専門家は、オランダの侵食防止技術を使うことに決定した。




 
浸食により、損害を受けたFusion Alya クアダイリゾート


昔、クアダイはベトナムの理想の海岸であったが、現在砂浜の崩壊を防止するため竹の杭で補強されている。


浸食により損害を享けたクアダイ海岸


浸食は人々の生活に悪影響を与えている。


浸食で日常生活に影響がないように祈っているマイ・ティ・キエムさん
 
長さ20m、高さ5mの大きな土嚢に300トンの砂を入れる。それを連ねて並べる。Victoriaホイアンリゾートでその方法が効果的に使われてる。今、Victoriaホイアンリゾートは復活し、多くの観光客が訪れている。

現在、その方法はクアダイ海岸で実施しているが3年から5年で効果が無くなるため継続して維持できる方法を模索している。


クァダイに人たちは、土嚢で防波堤を作る


土嚢一袋に付き300tの砂が入れられる

砂の袋を並べている人々 

砂の袋を並べている人々 


竹の棒を打っている人々


砂を海岸に流している


現在、その方法はクアダイ海岸で実施しているが3年から
5年で効果が無くなるため継続して維持できる方法を模索している。



Victoriaホイアンリゾートでその方法が効果的に使われてる。

 

文、撮影:タット・ソン