29/06/2017 14:51 GMT+7 Email Print Like 0

グラフィティ

グラフィティは、ベトナムに入ったばかりであるが、生活の中に普及し、若者を中心として美術界に独創的なアイディアとして主張される。
2012年から設立されたマット・ヴィエットグループはグラフィティに興味のある多くの若者が集った。

グラフィティはスプレーやフェルトペン、アクリリックペイントなどを使い、壁などに描いた落書きのことである。壁に描かれた絵はカラフルで耐久性が有り、匂いもなく、きれいで施工も簡単である。

アクリリックペイントで壁に絵を描くことは娯楽地、プラザ、レストラン、喫茶店、幼稚園などで見られる。グラフィティのおかげで、都市の姿が輝いてみえる。マット・ヴィエットグループはFLCグループ、Ecopark新市街、Vinhomes新市街などでグラフィティの絵を描いた。
 

絵に描くマット・ヴィエットグループのメンバー


アクリリックペイントで壁に描いた絵
 

アクリリックペイントで壁に絵を描くことでライターは想像力が表明できる。


大きな絵は、多くの人が協力し、同時に描く。


アクリリックペイントで壁に絵を描くことは創造力、チームワーク、丁寧さが必要である。


3Dの絵


日常生活の中の
3Dの絵



多くの人民たちの関心を集中する
3Dの絵

ベトナムにおけるグラフィティをご紹介しよう
















文:トゥック・ヒエン
撮影:ヴィエット・クオン