25/11/2016 15:01 GMT+7 Email Print Like 0

カントー(Can Tho)は、メコンデルタ地方で最も大きな都市

カントー市はベトナム南西部の首都とも呼ばれ、豊かな地方である。
今、南部の運河地域には、特徴を有する文化と自然があり、観光分野において潜在力があり、他に多くの分野の経済を発展させるため、経済のセンターとなり、メコンデルタの各地方とつながる。

豊かなカン・ト市へ

朝早く、ヨランダ・マルティネスさんとマルセロ・ルーパーさんの2人のスペイン観光客はガイドと一緒に、小さなボードに乗り、カイラン水上マーケットを訪問した。カントーの観光スポットといえば、「カイラン水上マーケット」である。

カイラン水上マーケットは、カイラン橋の近くにあり、カントーのセンターから6キロを離れ、ニンキエウ港から船で30分の所にある。
ここは、すべての果物やメコンデルタの農産物を販売している、。

市場は、早朝6~8時が最も賑わう、果物を運ぶ船が行き来する。
市場の周りは小型エンジンとは思えないエンジンの爆音を轟かせていた。


メコンデルタのカイラン水上マーケット
撮影:チョン・チン



パイナップを販売する小舟。
撮影:チョン・チン



農産物を販売する。
撮影:ベトナム通信社の資料



南部特産の果物
撮影:ベトナム通信社の資料



カイラン水上マーケットを訪問する外国人の観光客。
撮影:グエン・ルアン



空から見たカイラン水上マーケット
撮影:ホアン・ハ

スペイン観光客の2人は水上での販売活動を見ながら、ここの特産物の1つであるフーティエウを味う。その2人にとって、それは面白く、新しい体験である。他は、ここの人々の素朴な日常生活が理解できる。

カントーはクーロンデルタの観光のセンターと呼ばれる。2016年9月までの来客数は延べ130万人、その中、外国人の観光客は20万人であった。ここで、ニンキエウ港、ビントゥイの旧家、カイラン水上マーケットなどの南部地方の文化と歴史的の有る多くの観光地がある。

夜、ヨランダ・マルティネスさんとマルセロ・ルーパさんはまた小舟でウットヒエン生態観光地を訪問し、ここに住む家族と一緒に生活を体験し、熱帯地方の果物と南部の農村の特別な文化を体験した。

カントーはクーロンデルタの観光のセンターで呼ばれる。2016年9月まで、観光客は延べ130万人、その内、外国人の観光客は20万人であった。ここで、ニン・キエウ港、ビントゥイの古い家、カイラン水上マーケットなどの南部地方の文化と歴史の有る多くの観光地がある。
ヨランダ・マルティネスさんは「ここの人々の日常生活は単純で、自然にに親しみます。スペインで、一年中、私たちは都市の中でいるためここのような平和で、空気がおいしいところを住みたいです。


マルティネスさんは「ここの人々の日常生活は素朴で、自然と親しんでいます。スペインでの私たちは、一年中都市の中にいるため、このような平和で空気のおいしいところに住んでみたいです。

カントーは観光分野で有利性があり、ニンキエウ港、ビントゥイの旧家、カイラン水上マーケットなどの南部地方の文化、歴史的の特徴のある多くの観光地がある。

カイラン郡バラン村でホームステイをしたチャン・ティ・ミー・ヒエンさんの家の地区にある観光先には、2時間だけで、外国人の観光団体が延べ300人がここを訪問した。

この観光サービスは、2006年から実施された。ここには、南部の果物を栽培する果樹園がある。観光客はお菓子を作り、果物を採り、竹製のベッドで寝て、その家の人々と南部の生活や文化について話したり多くの体験ができる。

今、カントー市はそのような14軒のホームステイがあり、経済効果をもたらし、運河地方の観光の潜在力を発揮する。特に、ミー・カインは面積が15haの観光村があり多くの観光客が訪れ、各観光地には多くの娯楽があり観光客を呼び寄せる。



ウットヒエン生態系の果樹園でお茶や果物を味う外国人の観光客
撮影:グエン・ルアン



南部の農村の道を自転車に乗り周りを探索する。
撮影:グエン・ルアン



南部の運河地方の特徴である「カウキ」と呼ばれる橋を観光する観光客
撮影:グエン・ルアン



多くの運河と果樹園があるおかげで、運河の観光を開発することができる。
撮影:チョン・チン



1870年に建てられたフランス風建築のビン・トゥイ古い家
撮影:チョン・チン


カントーにおける伝統職業の1つ
撮影:グエン・ルアン



カントー市におけるドッグレース。
撮影:グエン・ルアン



南部運河に生息する蝦を獲る2人の外国人女性。
撮影:グエン・ルアン




南部の特産物が多いカントー市。
撮影:グエン・ルアン


観光に投資することの他、カントーの観光はインフラを整備する。今、カントーは236棟の宿泊観光施設があり6,000の部屋がある。

全地方の経済の結合する

経済の専門家によると、カントーは中央レベルの都市であり、メコンデルタの下流の地方であり、経済、文化、メコンデルタをはじめ、全国の交通運輸の重要なセンターであるため、ロジスティクスセンターと工業のセンターとなる潜在力があり、メコンデルタを発展させる、

また、国際空港の他、カントーは水路の港のシステムに投資した。カントー港株式会社は、カイクイ港とホアンジエウ港を管理している。カイクイ港はカンボジア、メコン川の各国のメコンデルタの輸出入の活動を応じるため、設立された。専門家によると、カイ・クイ港はロジスティクスのサービスを設立するため、港のセンターとなる。

他は、カントーはチャ・ノック港、タン・カン港-トット・ノット港などもある。その港はカントー市、アン・ザン省、ドン・タップ省、ヴィン・ロン省などの農産物、水産物の地区にあるため、品物を運ぶことに役立つ。


水産物を輸出することはカントーのメリットである。
撮影:グエン・ルアン



ハウ川で米を運ぶ活動。
撮影:グエン・ルアン


農業の道具を生産することで先進の地方であるカントー
撮影:グエン・ルアン



カントーにおける港の発展状況について、カントー港株式会社のファン・タイン・ティエン社長によると、メコンデルタのロジスティクスセンターになる時、カントーは国内の運送と全地域の輸出入の拠点になる。メコンデルタの主力製品のコスト削減になると考えている。
カントー経済-社会学院のグエン・チョン・クオン学長は「カントー市を通じて、2020年までに、4700万トンから6200万トンの製品が流通され、ホーチミン市からカントー市の鉄道ラインが完成される時、カントー市は全地域のロジスティクスセンターを設立し、主要な場所となる。」と述べた。


M今、カントー市は8の工業団地があり、その中6の工業団地が活動し、残る2の工業団地は設立され、水産物、米、繊維、農業の道具などを生産する。それは2020年、カントー市は工業都市になることに努力する。


今、カントー市は8の工業団地があり、その内6つの工業団地が稼動し、残る2の工業団地は、水産物、米、繊維、農業の道具などを生産する。
この計画に向け、2020年、カントー市は工業都市になることに努力する。

面積600haのトットノット工業団地は農産物と水産物が多い地域として設立され、投資の政策として、開業初年度から数年間は、税の免税することとし、投資家を誘致する。





文:グエン・オアイン
撮影:グエン・ルアン、チョン・チン、ホアン・ハーとベトナムフォトジャーナル