13/01/2017 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

カインホア省での「海と島の春」プログラム

既にお伝えしましたように、10日から12日まで、中部沿海カインホア省で、ホーチミン市の共産青年同盟の主催により、「海と島の春」というプログラムが行われました。

これには、数百人のアーチストや、青年、3000人の海軍兵士が参加し、伝統的お正月テトの特別な料理「バインチュン」づくりや、文芸公演、貧困者へのテト用プレゼントの寄贈、兵士の子供への奨学金供与などを行いました。

潜水艦旅団189号のグエン・ヒュ・ミン大佐は次のように明らかにしました。
(テープ)
「このプログラムは、海軍兵士に対するホーチミン市の党委員会、行政府、市民の特別な関心を示すものです。これは兵士らが自らの任務を全うすることを鼓舞するものです。」

なお、「海と島の春」プログラムが行われるのは今回で6回目です。
ソース:VOV
他の記事